転職サイト 【サガシタ】

栃木で転職キャリアアップしたいなら就職先選びを考えた時にプラスになる!

栃木で転職キャリアアップしたいなら就職先選びを考えた時にプラスになる!

栃木で転職を考えているなら何を重視すれば良いのか

栃木で転職を考えているならば、北関東ならではの事情を考慮した上で転職活動を行うことが大切です。

なぜなら、栃木という場所柄は交通網と通信網の拠点として考えている企業が多数進出しているからです。

では、どのような点に注意して転職活動を行えばよいのでしょうか。

栃木という地の利を活かして進出している企業の特徴を捉えた上で、キャリアアップを考えた時にプラスとなる方向性で転職活動を行えば、満足できる転職を行えます。

栃木の転職は離職率が県央エリアほど高い求人状況

栃木の転職事情として、有効求人倍率が県央エリアほど高いため、離職率も宇都宮市を中心とした県央エリアが多い傾向となっています。

実際には業種ごとのバラツキが大きく、飲食店やサービス業といった業種ほど離職率の高さが見られますが、離職率は有効求人倍率が高いほど転職先に困らないために高くやりやすいです。

栃木の転職を考える際には..

・県北地域である矢板・大田原・黒磯エリア
・県央地域として知られる宇都宮・鹿沼・真岡エリア
・県南地域に該当する栃木・小山・佐野・足利エリア

という3つのエリアごとの特徴を考える必要があります。

県北地域では観光業や農産物加工業といった転職先が多く、県央エリアではIT関連や金融業界が中心です。

一方、県南地域には物流拠点が数多く用意されているので、鉄道とトラック輸送の拠点となる本社や支社が多い傾向にあります。

また、栃木全域で自動車販売と修理拠点への転職先も多いので、自動車整備士資格保有者は転職先に困りません。

栃木で転職するなら求人倍率が高い人気オススメのお仕事にしよう

栃木で転職するなら、比較的求人倍率が高い業種を選ぶと良いです。

栃木という場所柄からシステム開発を行う企業が数多く進出しており、上流工程からプログラミングやデバッグまで様々な開発拠点があります。

求人倍率が高いシステム開発の上流工程へステップアップするために、プログラマーとして研鑽を積んでいる人も多いので、宇都宮市を中心として通信環境の整備が整っている状況です。

実際に新幹線と高速道路網を活用して、クライアント先へすぐに出向くことができるような体制を整えている会社が多く、北は仙台・西は長野・南は東京まですぐに向かえるメリットがあります。

一方、物流拠点が多く整備されている背景として、貨物路線が宇都宮線~東北本線として仙台向けの物流を担っており、高速道路網についても東北自動車道と北関東自動車道が東西南北に走っていることが大きいです。

物流拠点には広大な土地と設備が必要となるので、輸送に必要な関連会社も周囲に集まっています。

栃木に転職するなら30代~40代は技術系がオススメ

栃木に転職を希望するなら、30代~40代は技術系のステップアップ転職が有力です。

システム開発ならばプログラマーやデバッグ担当者からシステムアーキテクト担当やプロダクトマネージャーを目指すといった上流工程への転職が望ましいと考えられます。

プログラマーの給与は30歳前後でピークを迎えて以後は上がらないことがよく知られています。

このため、より報酬上限が大きな職種へ転職することは特に珍しいことではないわけです。

栃木には東京や仙台といった大都市の支社や開発専門の子会社の本社があるので、静かな環境で安心して開発を行える状況が作られています。

実際にテレワークが注目されている近年では、通信環境が充実している場所が必要となっており、栃木では光ファイバー網の整備が早かったために環境としては整っています。

20代の頃はがむしゃらに働いていても、30代以上となればステップアップを狙う方法が良いと考えられます。

栃木の転職を50代~シニア(シルバー人材)が行うなら物流や工場がオススメ

栃木の転職で50代~シニアが探すなら、物流拠点や工場周辺の転職先を探すと見つかりやすいです。

なぜなら、物流拠点には安定した就業を行う真面目な人材が必要となり、50代以上ならば転職後の離職率が低くなるので物流拠点や工場であっても安定した働き手として歓迎しているからです。

工場で生産された様々な商品は、物流拠点が多い栃木で近隣各県へトラック配送されることから、勤務時間も店舗への納品時間から逆算して動く形となります。

経験職種ならば管理職への転職も可能となり、未経験業種については単純作業や地味な業務が多いものの、転職先に選択肢がある点は魅力です。

物流拠点や工場では並行して警備業務が必要となるので、工場の数だけ警備員としての需要もあります。

また、北関東ならではの事情として栃木ではショッピングモールや各店舗に巨大駐車場が用意されており、駐車場警備業務もまた欠かせません。

栃木の転職では中途採用は即戦力のみが求められている

栃木の転職では、中途採用について即戦力を中心とした採用が多い傾向にあります。

なぜなら、新卒採用者の就職率が高い労働者にとって売り手市場となっているために、就職後の離職率が就職氷河期よりも高くなっているからです。

このため、欠員補充を中途採用に求める傾向が生まれた結果として、即戦力として対応できる人材が優先的に採用されます。

実際に未経験業種への転職も可能ですが、前職種での経験をどのように活かすことができるかという説明を面接時に求められます。

人事担当者を納得させることができれば、転職先で希望する職種へ就業可能ですが、単なる人員の穴埋めとして採用されていないか確認しなければなりません。

栃木で転職する際は契約社員よりもアルバイトが人気

栃木で転職する際には、正社員雇用の割合が近隣各県よりも高い傾向にあるので、非正規雇用として働く場合には注意が必要です。

なぜなら、契約社員として働き始めなくても正社員として就職しやすいので、転職希望者の多くが正社員前提で転職活動を行っているからです。

非正規雇用を望む場合には、明確に契約社員を指定して選ぶ必要がありません。

このため、契約社員への転職よりもアルバイトとして働いてみて社風を知った上で、正社員への登用を狙うという方法が人気となっています。

転職時の年齢により割合は異なるものの、転職履歴を数多く残すよりも転職回数は最小限としてアルバイト勤務により実情を把握してから転職するといった慎重派が多いです。

一人暮らしで貯蓄が十分にあるならば、転職先選びにかける時間を長く取ることでリスクが高い転職先を避けられます。

栃木の転職事情はエリアごとに異なる点についてまとめ

栃木の転職事情は、県北・県央・県南という3つのエリアごとに集まっている企業の業種が異なるため、同じ方針で転職活動をしても良い転職先が見つかるとは限りません。

栃木では県央エリアのIT・技術系職種が最も転職先として有望であって、県南エリアの物流拠点や工場勤務とは傾向が異なります。

また、県北エリアの工場は農産物加工業務と観光業向けが多くなるので、県南エリアの工場とも業務内容が異なるわけです。

栃木では完全に車社会となっているため、直線距離ではなく通勤可能な時間と渋滞事情を考慮した上で転職希望先の業種に合った企業を探すことが求められます。

栃木県の転職就職求人エリア一覧

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町