転職サイト 【サガシタ】

京都転職には伝統的な産業が多くある!働き方はどのように考えればいい?

京都転職には伝統的な産業が多くある!働き方はどのように考えればいい?

京都の転職活動について知ろう!より合った仕事に就こう!

京都は伝統的な雰囲気があり、こうした伝統を継承するものづくり産業なども盛んなエリアです。

このような京都で転職活動を行うという場合、どのように進めていったらよいのでしょうか。

転職では自身により合った仕事を探すことが大切です。

そこで、どのような点で転職活動について考えていけばよいのかということなどについてご紹介してみたいと思います。

京都の転職について知ろう!求人状況はどうなっているの?

京都には経済をリードするものづくり産業やオンリーワン企業などが多くあります。

京都の製造業は他産業と比較して正規雇用の割合が高く、71.0%となっており、製造業で新規学卒者の離職率も低く、全国が18.6%と比較して、ものづくり産業の活性化は期待ができると考えられます。

こうした産業などで求人状況は好ましいといえます。

京都の観光関連産業は外国人客などの急増等で、観光関連の消費額が過去最高を更新するなど好調に推移しています。

一方、特宿泊業・飲食サービス業では人手不足の状況があり、正規雇用割合は23.7%と、他種に比べて低い状況となっています。

さらに、高齢化の進行などにより、医療・福祉における労働者は大幅な増加傾向がみられています。

そうした中で、京都府における非正規雇用労働者の割合は4割を超え、全国で3番目高くなっています。

特に多くの学生層の20歳から24歳の若者層が非正規雇用についている状況となっていると言われ、やむを得ずの非正規形態で働く人なども多くなっています。

京都の転職はどうなっているの?若者に人気のお仕事

京都にものづくり産業やオンリーワン技術を持つ企業などが多くあり、付加価値の高い商品を提供したり、京都ならではのよさを活かした知識集約や製品開発などの企業活動が盛んです。

そのため、京都で転職を行うという場合にはこうした京都ならではのよさや強みを発揮する企業はオススメです。

また、今後の成長が見込まれる多様な分野で成長発展を遂げている企業を選ぶことは大切なポイントです。

京都には多くの大学があります。

そのため、学生の数が他の地域より多くなっており、学生に対する求人数が追いつかないという状況でもあると考えられます。

そうした学生が就職をするために、非正規雇用という雇用形態を選ぶことも多くなっています。

しかし、若い年齢であれば、全体的に仕事に就きやすく、正社員であれば既に何十年もの経験が必要な分野でも非正規雇用であればより気軽に自身の希望する仕事に就けたり転職できるというメリットもあります。

そうしたことから、伝統的なものづくりの仕事などは人気があります。

京都で30代から40代の方にオススメの働き方は?

京都は古来の日本のスタイルが街の中にあるとても魅力的な街です。

そうした場所で転職活動を行いたい30代から40代の方にオススメの転職方法についてはどのような方法があるのでしょうか?

まずは転職活動を行う前に、どのような就業形態で仕事を行うのかということについて明確にしておきましょう。

京都で転職する場合にはまずは働き方が柔軟であることが必要かそうでないかということを考えてみます。

働き方を柔軟に行いたいという場合にはパートやアルバイト、契約社員などの働き方は理想的かもしれません。

確かに有期契約ではありますが、正社員で家族と過ごす時間もないという働き方になるよりも、自身で働ける時間をあらかじめ決めて働く方法は子育て中の方などには安心感になります。

ただ、配偶者もそうした働き方であれば収入面という点で課題があるかもしれません。

そうした場合はどちらかが正社員で働くという方法はオススメです。

京都の50代からシニアの方にオススメの仕事探し方法

京都で50代からシニア世代の方が転職を行う場合にはどのような方法がオススメでしょうか。

例えば、職人として第一線で活躍していた方が転職するという場合、独立して自身の仕事を行うという方法もあります。

長年モノづくりをしてきており、そうした経験を活かしてこれからも仕事ができるところを探しているという場合には自身で独立して仕事を行うという方法があります。

また、定年退職をして年金開始までのゆとりが☆一応場合などに再就職を考えるシニア世代の方もおり、どのように働くのかということを明確にしてから仕事探しを行うことがオススメです。

シルバー世代の方が仕事をしたいという場合にはシルバー人材紹介所などに登録すると、仕事がある時に働くことができると言えます。

このような職業紹介機関などに登録するという方法がシニア世代の方にはオススメです。

また、市内で配布されている地域紙などに掲載されている仕事に応募するという方法もオススメです。

京都の転職について知ろう!中途採用求人を探すのもオススメ

京都には多くの学生がおり、卒業後に非正規食で仕事をしている人もいます。

そうした片などが転職する場合、正社員の中途採用求人をチェックしていくことがオススメです。

卒業して間もない若い人々を雇用したいという会社も多くあります。

年齢が高くなっていくとだんだんと家族などの存在などもあり、なかなか正社員として仕事をするということが難しくなっていくかもしれません。

また、採用したいという企業も年齢が高いと少なくなるといった傾向がありますので、正社員の中途採用として転職を行うという場合には早めに転職活動を行うことがオススメです。

中途採用時に資格があると、有利になるともよく言われます。

自身が志望する業種でどのような資格が求められているのかをチェックして資格取得を行うのもオススメです。

京都の転職について知ろう!契約社員やアルバイト

京都で転職を行うという場合、契約社員やアルバイトという方法もあります。

これらの仕事は正社員と異なり、時間になったらその場を離れやすい仕事になります。

融通が利きやすく、期間的なものも決めた上で働くことができるので、柔軟に働くことができます。

京都で転職活動を行うという場合、まずは正社員を目指すという方法はオススメですが、お子さんなどがいてなかなか難しいと言った場合にはこうした仕事を探すという方法はオススメです。

ただし、収入を増やしたいという場合には雇用に期限が設けられていない正社員で働くほうが収入面でゆとりはあるでしょう。

京都の転職活動はどのように進めていくのがいいの?

京都には伝統産業など、京都ならではの産業などもあり、製造業に従事している人も多くいます。

こうした産業をまずは検討してみるということは仕事探しではオススメと言えます。

転職活動を行う場合、次の仕事はできるだけこれまでの経験が生かせる仕事がオススメです。

また、全く新しい分野で働いてみたいという場合には、正社員よりも気軽に働きやすい契約社員やアルバイト、パートなどの働き方もあります。

どのような働き方が自身に合うのかをそれぞれの雇用形態のメリットやデメリットを比較して選びましょう。

京都の転職就職求人エリア一覧

京都市、北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡、大山崎町、久世郡、久御山町、綴喜郡、井手町、宇治田原町、相楽郡、笠置町、和束町、精華町、南山城村、船井郡、京丹波町、与謝郡、伊根町、与謝野町
















































鹿