転職サイト 【サガシタ】

転職をスムーズに進められるようにするための退職の仕方のポイントとは

転職で必要になる退職について概要と対策を確認しておこう

転職をするときには現職を退職しなければなりません。

退職するときにはどうしたら良いのか、転職先の面接でなぜ辞めるのかを聞かれたらどう答えるのが適切なのかと悩みになるポイントはたくさんあるでしょう。

退職手続きの進め方次第で円満退職できるかどうかも大きく異なります。

次の職場で働き始めてからも前職の同僚や上司と良好な関係を続けられるようにするために知っておくと役に立つノウハウを紹介するので参考にして下さい。

転職のときに重要な退職理由の伝え方のポイント

転職のときにはまず内定を受けたいと考えるのがもっともなことで、退職手続きを進めることよりも選考を切り抜けていくことに注力したいでしょう。

その面接の際には退職理由を聞かれることがよくあります。

今までの職場についても履歴書や職務経歴書に記載するので、なぜ辞めてこの会社を志望しているのかがわからないというスタンスで質問されるのが一般的です。

そのため、基本的には退職した経緯を簡単に説明した上で、入社してからどうしたいと思っているのかをアピールするのが正しい答え方になります。

問題になるのは退職理由の部分で、ネガティブな印象を持たれることには言及しないのが無難です。

前職でいじめに遭った、やりがいを感じられなかったというのが本音だったとしても口には出さないようにしましょう。

やむを得ない理由があったか、それ以上の魅力を志望先の企業から感じたという形にするのが賢い方法です。

転職で退職するときには退職金をもらうことができるのか

定年退職のときには退職金をもらえる企業が多いですが、転職で退職するときには退職金をもらえる可能性があるのかというのはよく疑問にされている点です。

退職金制度は法令で定められているものではないため、結論としては勤め先によってもらえるかどうか、金額がどうなるかは全く異なります。

退職金制度がない場合や、制度があっても勤続年数などの影響で条件を満たしていない場合には支給してもらうことができません。

また、一般的な傾向としては転職のような自己都合退職の場合には定年退職や会社都合退職に比べると減額されます。

どのくらいの減額になるかはケースバイケースなので社内規定を確認して金額を調べておきましょう。

転職で退職をするときに上司に伝えるタイミングや時期

退職手続きをするには上司に伝えて退職願を提出することになります。

退職願が受理されると社内手続きが進んでいき、希望した退職日には必要書類を庶務課などから手に入れることができる仕組みになっています。

このタイミングはいつがベストかも悩みになりがちな点ですが、基本的には早いに越したことはありません。

上司としては穴埋めをするために人材を確保したり、配置変更をしたりすることを検討しなければならず、早い段階で対応できるのが望ましいからです。

法律上は退職願が受理されてから2週間後には退職可能ですが、1か月前くらいには相談を始めておいた方が良いでしょう。

引き止められてしまって交渉になることもあることや、仕事の引き継ぎをしなければならないことも考慮して、早めに話を始めましょう。

転職で退職するときの挨拶などの基本マナーを押さえよう

退職をするときにはお世話になった同僚や上司などに対して挨拶回りをするのが基本マナーです。

退職が決まって全体に知られるようになった段階では特に自分から説明をする必要はありませんが、退職日が近づいてきたら部署巡りをして挨拶をしていきましょう。

関わり合いのあった部署には挨拶に行くのがマナーで、菓子折り程度を持って行くと喜ばれます。

部署が同じ建物の中にはないようなときにはメールで挨拶をしても問題はありません。

営業職などで対外的にも働いていた人は後任の人を紹介しつつ退職することを伝えましょう。

退職までに会う機会がない取引先には手紙を書いて送るか、メールで伝えるのが一般的になっています。

メールを使う場合には一斉送信にせずに一人ずつ丁寧に送るのがマナーです。

転職による退職で困ったときに役に立つ退職代行サービス

退職のときに上司ともめてしまって話が進まなかったり、そもそも上司とのトラブルが原因で退職するために相談しにくかったりする場合もあるでしょう。

このような悩みを持っているときには退職代行サービスを利用するのが解決策です。

退職代行サービスとは本人に代わって上司や会社に対して退職する意志を伝え、退職手続きを進められるようにしてくれるサービスです。

パワハラやセクハラなどの影響もあって円満退職が難しいようなときに使うのに適しています。

有給休暇を消化してからすぐに退職するといった段取りを整えてもらったり、会社に残してきている私物を送ってもらうように依頼したりすることもできるのも退職代行サービスの魅力です。

転職目的での退職で考えておきたい失業手当について

転職しようという目的で退職するときには失業手当についてよく考えておきましょう。

自己都合での退職でも失業手当の給付を受けることができます。

ハローワークで手続きをして求職活動をしていることを示し、当面は失業手当で生活するという選択肢もあります。

それを狙って本格的な転職活動はしないで過ごす人も少なくありません。

ただ、就職先が決まってしまうと受給できなくなるので注意しましょう。

また、失業中はブランクになるので履歴書を見られたときに空白期間があるのが懸念されるようになりがちです。

今後のキャリアを考えてブランクがあるのが望ましくないのなら、在職中に転職先を決めてブランクなしで入社できるようにしましょう。

転職で退職するときに覚えておきたいことのまとめ

転職で退職するときには志望先から退職理由の説明を求められることが多いですが、聞きたいことはなぜ入社を希望しているかだと捉えて入社後の展望を語るようにしましょう。

退職の手続きは上司に退職願を出すことから始まります。

遅れが生じてしまわないように一ヶ月前くらいを目安にして話を切り出しておくのが良い方法です。

もし退職手続きが難航しそうなら退職代行サービスの活用も検討しましょう。

退職するときには退職金をもらえることもあり、すぐに働き始めないのなら失業手当の給付を受けることも可能です。

どのような流れで退職して次の職場で働き始めるのかはよく考えて、スケジュールを決めておくようにしましょう。