転職サイト 【サガシタ】

大企業だから一生安泰という時代は終わった現在の就活について

就職活動、略して就活。

高校卒業後に就職する場合は在学中に学校である程度の段取りをしてくれますし、学校が企業との間に入る形で進みますから、生徒は言われた通りにすれば問題ありません。

大企業だから一生安泰という時代は終わった現在の就活について

ところが大卒の方の場合はそうはいきませんよね。

全てを自分でこなしていかなければならないのですから。

その中で難しいのは、やはりエントリーシートをいかに目に留まるようなものに書き上げることができて、書類選考を突破することができるのか。

そしてその後に待ち構える面接をどうやって突破するかですね。

ほぼ同じ内容のエントリーシートを大量生産していませんか

今時エントリーシートを送付する数って、50社とか100社が当たり前のような状況になっていますよね。

下手な鉄砲数うちゃ当たるじゃないですが、若干手を加えた程度でほぼ同じ内容のエントリーシートをあちこちの企業へ送りつける。

ほぼ同じ内容のエントリーシートを大量生産していませんか

言っちゃ悪いですが、採用担当の方はそういうエントリーシートは見抜いちゃいますので、書類選考を勝ち抜くことはまず不可能となってしまうでしょうね。

じゃあどう書けばいいのかと言うと、結局はあなたが本当にやりたい仕事について、熱く熱く語る以外にないのですよ。

と言うことは業種をある程度絞る、エントリーシートを送付する企業を絞り込む必要があるのです。

だって金融、製造業、商社、マスコミと言うように全く違う分野の企業に、一応その業種に合うようなことをエントリーシートに書いて送っても、熱意がないことがバレバレで書類選考で終わってしまうと思いませんか?

大企業・有名企業偏重をやめて違う視線で企業を見つめませんか

大企業や有名企業に入社すれば自分も親も安心するし、一生安泰に暮らせるからという理由で、このような企業にばかりエントリーシートを送り続けるあなた。

そういった企業は同じような考えを持つ人のエントリーシートが殺到することはお分かりですよね。

大企業・有名企業偏重をやめて違う視線で企業を見つめませんか

そして面接にまで進めるのは、そういった企業内においても何か大きな仕事を成し遂げるのではないかと採用担当者が感じる人です。

つまりただ安定しているからという理由で送付しても、結局はお断りのメールが届いて終了です。

まず将来性がある企業であり、あなた自身がやりたいことができる企業であり、趣味の域を超える特技がその仕事で活かせるのか。

こう言ったことを念頭に置いて企業を選ぶことです。

今は大企業であっても、経営トップの少しの判断ミスで倒産の危機に簡単に追い込まれる時代ですよ。

たとえ今は中小企業かもしれないし、給料も低く抑えられていたとしても、今後は大逆転だってありうる、そんな時代なのですから。

転職希望の就活はいかに自分を売り込むかにかかっています

転職の際にはエントリーシートに変わって職務経歴書を送ることが一般的です。

そして転職においては新卒者とは違う面が求められるので、いかに自分を売り込めるかが重要となってきます。

転職希望の就活はいかに自分を売り込むかにかかっています

新卒者は言ってみれば、今から育てていけば先々使い物になるかどうかを見極めるためのエントリーシートや面接ですが、転職の場合は即戦力となるかどうか、その一点だけが求められます。

ですのでこれまでの仕事における成果であったり、今までに培った人脈を生かして仕事が出来ると言ったように、とにかく今すぐ働いてもらいたいと企業の採用担当にいかに思わせるかがポイントとなってきます。

今までとは違った業種に飛び込んで頑張りたい場合でも、前社での経験がいかに役に立つのかをアピールすることが重要となるのです。

天職を見つけて一生その職に就いていたいと思う方へ

誰もが天職だと感じることができる仕事をやってみたいと思うものです。

とにかく仕事を続けたいし、休みなんていらないと思えるような仕事に就きたいものですが、現実には給料など処遇の問題であったり、その職種以外の部分で不満を感じてしまうことも。。。

天職を見つけて一生その職に就いていたいと思う方へ

お仕事をするならば誰しもが天職に就きたいと願い、いま就いている職業が天職だと感じられる人は一生その仕事を続けたい、会社員ならば退職後も何らかの形でその天職に携わっていきたいと思うものです。

でも自分にとって天職ってどのような仕事なのかが分からずに終わる人も多いでしょうし、自分では天職だと思いながら長年続けてきた仕事ですが、振り返ってみるととてもじゃないけど天職ではなかったと感じる方もまた多いものです。

逆に本来ならば天職に就いているはずなのだが、そうは感じずに過ごしている方もまた多いことでしょう。

そもそも天職って何なのか、そして転職はどうやって見つけるのか

まずは天職と適職の違いを見てみましょう。

適職とは性格的にあっている仕事、適正のある仕事、そこそこのやりがいと自信を持てる仕事。

そもそも天職って何なのか、そして転職はどうやって見つけるのか

それに対して天職とは神様が与えてくれた仕事、他人に何を言われても続けたい仕事、そしてとにかく楽しいと感じられる仕事ですね。

適正としてはどう考えても合っていないのだが、とにかく楽しいから批判されようが関係なく続けていく仕事、それが天職かもしれないですね。

そしてこの仕事を行うために生まれてきたと言えるような仕事こそが天職なのでしょう。

天職を偶然見つけられる人もいれば、なかなか見つけられない人もいますが、まずは今行っている仕事を好きになる努力をします。

そして本当に好きなのだと心の底から思えた時、適職が天職に変わっているかもしれないですね。

就職支援のJAIC(ジェイック)

転職サイトを使って転職する流れ


転職サイトサービスの流れ

転職エージェントの仕組み


転職エージェントの仕組み

天職に就けば必ず幸せが待っているとも限らない?

自分で心の底から天職だと思える仕事に就いた時、その人は必ず幸せな生活を送れるのかというと、そうでも無いこともあります。

例えば年収の問題ですね。

同じように一流の大学を卒業して一流の会社に就職した友達は、年収が軽く1000万円を超え幸せな生活を送っています。

天職に就けば必ず幸せが待っているとも限らない?

それに対して天職に就いた私は仕事は本当に楽しいし、休みなんていらないくらいに思えるほど。

でも年収は友達の1/3以下で生活自体は大変苦しく、お金の事だけを考えた場合には、他の職に就く方が良いのではないかと考えてしまう。

本当にやりがいのある仕事としてみれば、天職に就くことができる方が何倍も幸せです。

でも仕事って生活の糧を得るためのモノでもありますから、その点から言えばこの年収の少なさでは糧にはなっていないと言うことになります。

もちろん普通の会社員の何倍もの年収を得ることができる場合もありますので、天職を選ぶと必ず苦しい生活になるとは言えませんね。



自分にとって天職なのは間違いないのだが

本当に大好きな職業だし、一生続けていきたいと思える職業なのだけれども、どこか引っ掛かる部分がある。

意外とこんな思いを持ちながら働いている方も多いですよね。

自分にとって天職なのは間違いないのだが

職業としては好きなのだが、この会社とはどうも合わない。

確かに天職だと思うけども、同業他社に比べて待遇が悪い。

そんな時は思い切って転職を考えてみるのも良いと思いますよ。

天職だと感じるほど大好きな職業なのですから、他の会社へ移っても即戦力として働けますし、今はそのような人材を求めている会社が多いですからね。

もちろん今在籍している会社にも愛着があるでしょうから、なかなか転職を決断するのは難しいでしょう。

そこでまずは待遇改善を要求してみましょう。

そこで会社側があなたに対してどのような評価をしているのかが分かるはずです。

それでも納得がいかないければ、本格的に転職を考えれば良いのです。

今は転職によって天職を続けるのも悪くはないですよ。

転職地域リスト一覧

北
æµ·
道
青
森
秋
田
岩
手
石
川
å±±
å½¢
å®®
城
沖
縄
富
å±±
新
潟
福
島
福
井
岐
阜
長
野
群
馬
栃
木
茨
城
島
æ ¹
é³¥
取
兵
庫
京
都
滋
賀
å±±
梨
埼
玉
千
葉
佐
賀
福
岡
å±±
口
広
島
岡
å±±
大
阪
奈
良
愛
知
静
岡
神
奈
川
東
京
長
崎
大
分
和
歌
å±±
三
重
熊
本
å®®
崎
愛
媛
香
川
鹿
児
島
高
知
å¾³
島