転職サイト 【サガシタ】

茨城県で転職を成功させるための大事なポイント・情報まとめ

茨城県で転職を成功させるための大事なポイント・情報まとめ

茨城で転職を考えるなら!成功するためのポイントと戦略

現在の職場に限界を感じていたり、より良い環境で働きたい、新しいことにチャレンジしたいと言う時には、転職を考える方も多いはず。

しかし、安易に決断すると人生計画に大きな支障をもたらしかねないため、成功させるための戦略をできるだけ考えることが大切です。

茨城で転職をするためには、同県の傾向や求人状況についてリサーチする他、自身についても客観的に見直すことが重要となります。
そこで、茨城で転職するために考えておきたい事柄を、色々な面から見ていきましょう。

茨城での転職はしやすい?まずは求人状況をチェックしよう

転職を検討する時に重要度が高いのが、希望エリアの求人状況の分析です。

自身が努力しても求人が少ないような場合ですと、自然と選択肢は狭まりますし、企業側も積極採用の姿勢を見せず、転職は難航する可能性があります。

そこで景気動向などにも気をつけながら、求人状況が良くなったタイミングを見計らっていくことが大切でしょう。

実際の茨城の求人状況に目を通してみると、ここ数年は有効求人倍率が増加傾向にあり、それだけ転職をしやすくなっていると考えられます。

2009年付近の大不況を乗り越え、2013年頃には倍率1.0に復帰。

それから多少の上下はありますが、令和元年夏の調査では、1.60程度の倍率をマークしました。

これは全国的に見ても上位の数値で、非正規社員だけではなく、正規社員の求人も増加傾向にあります。

失業率の方も低下しているタイミングですので、今こそ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

茨城での転職情報!人気のある業界の求人状況について

茨城には大手企業の本社・拠点が点在している他、鹿島臨海工業地帯では鉄鋼・石油化学に関する工場が多くなっています。

なお、国内大手となる製造関係の企業の研究拠点も多数です。

これらの事情は求人状況にも反映されており、ここ数年で見ても、製造業に関する求人数は顕著に増える時期もありました。

他の産業に比べてもニーズは豊富な部類で、この業界での経験を活かしたい方や、新規に挑戦したい方におすすめできます。

また、茨城は都市の再開発計画が色々なエリアで持ち上がっていることも影響していると考えられますが、サービス業へのニーズも拡大しています。

既存の工場や本社ビルなどの管理関係での仕事も多数です。

他には医療・福祉関係も充実しており、学術研究への求人も少なくはありません。

結論としては、茨城県の産業の特徴を考えると、スキルや経験があれば、より専門性の高い企業や、高度な技術を要する職場への転職を目指せそうです。

茨城で30代~40代の転職にオススメの業界とは

30代から40代にかけては、特にスキルや知識の専門性が評価されやすい傾向にあります。

茨城では製造関係や研究施設などが多いため、専門技術が重要視されることも多い環境にあるでしょう。

特にハイテク機器の製造など、先進的な事業を営んでいる企業では労働条件も良くなってきますので、オススメできます。

CADを使った機械設計や製図の他、機材オペレーターなどの能力があれば、有利に働くはずです。

また、サービス関係ではチェーン店の店長候補を採用しているケースが増えてきたので、思い切ってチャレンジするのも選択肢。

こちらは30代位からチャレンジする方も多く、経験・スキル不問であったりと敷居は低めな職場もあるため、検討しやすいです。

他には医療関係の製造や配送などのスタッフの求人もしばしば見当たります。

看護師や介護関係の資格を持っていると転職しやすいですが、茨城では他の選択肢も充実気味。

登録販売員や生活相談員へのニーズもあります。

茨城で50代~シニアの転職にオススメの業界とは

50代以降は管理職経験者であったり、マネジメント能力が評価されやすいと言われます。

このために自身の技術や資格に加えて、リーダーや上司としての経験も武器になってくるでしょう。

これまでの積み重ねが武器になるため、同業種での転職がメインになってくると考えられます。

特に高度な専門性と管理業務経験が豊か、と言う場合でしたら、茨城県の事情を考えると、より待遇の良い企業は見つけられるはずです。

心機一転、新しい分野に挑戦するのも悪くありませんが、その時には動機や意気込みと言った部分も大切になってくるのではないでしょうか。

50代以降となると基本的に転職は簡単ではなく、新たなジャンルへの挑戦となると更に難易度が高まります。

ただ、茨城では農業が盛んな一面もあるので、この分野にはシニア世代でも挑戦しやすいかも知れません。

茨城は東京都中央卸売市場における野菜・青果の取引高が10年以上連続で1位になるなど、実績があります。

茨城での転職なら知っておきたい中途採用の事情

茨城には多数の優良企業がありますが、その人材募集の手段としては新卒採用と中途採用に大別できます。

転職を考える際には、試用期間で退職した場合には第二新卒となりますが、それ以外では基本的に中途採用枠になると考えて良いでしょう。

このために転職を考えるなら、茨城のどの企業が、中途採用に積極的かをチェックしておくことが大切。

特に若い世代を育てて行きたい会社では、ミドル世代の転職には不向きと予想されます。

茨城で中途採用は活発に行われているかどうかですが、これは年度ごとの景気や経営者の判断も関わってきますが、企業によっては比率の高いものも少なくはありません。

特に管理職や営業職は即戦力を求める傾向にあり、中途採用の比率が高い職場も多々あります。

茨城では契約社員・アルバイトからの転職は期待できるのか

求人情報サイトを見てみると、アルバイトや契約社員であっても、そのスキルやノウハウを活かして正職員としての採用を目指せる職場があります。

現在は従来の就職事情とは大きく傾向が異なっており、能力重視での採用を積極的に行うケースも増えてきました。

このために、非正規社員であっても正社員への転職の可能性は、従来に比べて高まっていると予測されてます。

なお、正社員から契約社員への転職も、考えやすくなっています。

看護師などの一部の職業では、残業であったり休日の問題などで、正規社員よりも契約社員の方が好まれるようなケースもなくはありません。

茨城では非正規社員の募集も豊富なので、チェックしてみると良いでしょう。

茨城で転職を考えるなら今すぐリサーチを始めよう

茨城県での転職事情について見てきました。

これから前向きに検討したい方も、ちょっと気になっている位と言う方もあると思いますが、大事なのは早めの段階でリサーチしておくことです。

決断自体は慎重に行いたいものの、情報収集や分析については、積極的に行っていくことが大切。

求人情報の傾向や、どんな能力や経験が重視されるのかを知っておくことで、より戦略的な計画が立てられるでしょう。

先延ばしにして転職のタイミングを逃すと後悔に至る可能性もあるので、この機会に色々と調べてみるのがおすすめです。

リサーチには転職サイトを活用していくと便利です。

求人の傾向も調べられますし、中には転職のポイントを紹介しているような場合もあります。

転職に関して少しでも気になっていたら、一度は目を通しておいても損はないはずです。

茨城県の転職就職求人エリア一覧

水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町
















































鹿