転職サイト 【サガシタ】

長野で転職するならどんな仕事を選べばいいのか経験年数などチェックする

長野で転職するならどんな仕事を選べばいいのか経験年数などチェックする

長野の転職状況がどうなっているのかを多視点で分析

広大な面積を誇る長野県には、さまざまな企業が存在しますよね。

それだけに長野の企業に転職して働くことを願う人は、数え切れないぐらいたくさんいるはずです。

転職活動する際に知りたい情報といえば、何といっても長野の転職に関連する情報ですよね。

そこで長野の転職状況がいったいどうなっているのかを、多視点から分析していきますよ。

転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

長野の転職や離職率などの求人状況はどうなっているのか

まず初めに長野での転職や離職率についてです。

長野にはさまざまな企業が存在しますが、中には離職率が3%前後で多くの人がしっかり定着している企業もありますよ。

それだけ定着している人が多い企業もありますので、自分に合う企業に転職すればかなり長く働けると考えていいのかもしれません。

終身雇用の時代ではなくなってきていますが、離職率の低い長野の企業に転職すれば、もしかすると終身雇用してもらえる可能性もあります。

また長野の転職に関する求人状況ですが、長野が強い生産や製造、不動産や建設、あるいは食品や農業などに関連した転職希望者向けの求人が目立っています。

長野といえば製造業が有名だけに、生産や製造の求人が多いのは納得ですよね。

ただ生産や製造の求人だけに偏っているわけではなく、それら以外の求人もありますから適性に合わせて選ぶことができます。

さらに介護や販売や接客など、他の地域でも多い求人が長野にもあります。

これらの求人状況を踏まえたうえで、求人を選んでいきたいですよね。

長野の転職求人で人気になっているオススメの仕事は製造業

上記した通り、長野の転職求人で人気が高いオススメの仕事といえばやはり製造業をスル―してしまうわけにはいきません。

自動車、家電、ロボットなどの製造に関する生産のプランナーや、ロボットの開発エンジニア、あるいはそれらのIT分野に特化したエンジニアなど、モノづくりの現場で必要とされやすい人材は長野の転職求人で人気になっていますね。

これらの製造業に携わるスタッフは、技術やノウハウさえあれば厚遇を見込めます。

それでいて土日祝日は休日扱いで残業もそれほど多くないとなれば、人気が集まるのは当然だといえるかもしれません。

モノづくりが苦手でさえなければ、まず製造業から求人をチェックしていくといいですね。

製造業以外では、学歴不問や未経験者歓迎の求人もやはり人気が高いです。

ルート営業や広告営業など、いわゆる営業職はどこの企業も有能な人材を求めて求人を出していますよ。

営業は実力主義である分やりがいがありますし、営業に自信があるなら営業の求人もおさえておいたほうがいいです。

待遇に十分期待できますよ。

30代から40代が長野で転職するのにオススメはどの仕事か

働き盛りで脂ののった30代から40代が長野で転職するのにオススメしたいのが、やはりマネージャークラスの仕事です。

たとえば長野には運送サービスの仕事がありますが、ドライバーとして働くだけではなく管理や運営に携わるマネージャークラスを募集する転職の求人もあります。

すでに運送サービスに携わった経験があってその経験を活かして仕事をしていきたいなら、ドライバーだけでなくマネージャーとして働くことを検討してみるのも考え方の1つですよ。

また製造業にしてもそうで、それまで培ったノウハウを活かしてマネージャーをはじめとした管理職の仕事に転職することもキャリアアップになりますよね。

さらなる高みを目指して製造業に携われますから、転職先を探しているならぜひとも候補に加えておきたい仕事です。

これらの仕事によってはUターンやIターンを歓迎している求人もあるなど、転職希望者の受け入れ態勢はなかなか充実しています。

長野で転職するのに50代から上のシニア世代は何がオススメか

シニア世代になったからといって年金生活をするわけではなくもっと働きたい人は、長野にどんな転職先があるのか当然気になりますよね。

もしも車の運転等が苦にならないようなら、シニア世代を歓迎する定着率の高いルート営業やルート配送に従事するのも選択肢の1つです。

ルート配送はシンプルな仕事であることも多く、仕事をしやすい点もシニア世代にとってはプラスになるはずです。

またもしも建築や建設のスキルがあるようなら、戸建て住宅のメンテナンスや住宅に関する困り事を解決するサービスの一因になってみるのもいいかもしれません。

これらの仕事はシニア世代特有の経験が活きる仕事ですので、むしろシニア世代に向いているといえますよ。

さらには長野の産業を活性化させるための経営コンサルティング業務もあるなど、シニア世代を求める長野の転職求人は思いのほか少なくないです。

長野の転職の中途採用でチェックしておきたい求人について

長野の転職で中途採用を積極的に行っているのは、介護スタッフですね。

介護未経験者でも基礎から教えてくれることを前提にしている求人もあります。

それならたとえ介護の知識に乏しくてもそれほど関係ありません。

長寿で有名な長野だけに、介護の仕事はやはり求められていると考えることができます。

もしも転職活動が上手くいかない時は、介護スタッフを募集する求人を優先して探してみるのはオススメです。

また運転免許を取得している人は、やはりドライバー系の仕事はコンスタントに募集が出されています。

ドライバー系の仕事は体力を必要としますから決して楽ではないですが、運転免許を持っていることを活かせる仕事には違いありませんよ。

長野で契約社員かアルバイトに転職する場合の仕事

もしも長野で契約社員かアルバイトに転職したい場合の仕事ですが、雑貨店や販売店やフィットネスクラブなどで募集している求人に注目ですね。

長野だけでなく全国展開しているチェーンは、どこも人手不足に困っています。

ですから契約社員やアルバイトの募集はよく出していますので、応募すれば採用される可能性は十分ありますよ。

販売スタッフなどで経験を積んでいくことも時には大事ですし、もしも興味があるならそれらの求人はやはりチェックしておきたいところです。

長野の転職状況に関する全体的なまとめ

今はIターンやUターンで長野に戻ってくる人も多いですから、長野の企業に転職したい人は数多くいますよね。

長野といえばやはり製造業が有名ですし、製造業の企業に転職すれば待遇的にも期待できます。

またモノづくりの現場で働くことになれば、相応のやりがいを見込めるのも転職において魅力に感じられる点です。

もしも製造業でなければ、不動産業や建設業に関連した企業もあります。

あるいはドライバー系の仕事やマネージャー系の仕事もありますから、選択肢はわりと幅広いです。

アルバイトで販売スタッフとして働くこともできます。

長野の転職を検討するなら、しっかり情報収集したうえで最終的な決断を下したいですね。

長野県民はどんな人?男女別の特徴とは

長野県民は男女ともにまじめな性格をしている傾向があります。

江戸時代には寺小屋の数が日本一多かったということもあり、現在でもまじめで勉強熱心な人が多いです。

そのため議論なども好きで、仕事にもまじめに望みます。

また冬場の厳しい気候の影響か、義理堅く、柔軟性が欠けています。

そのためチャラチャラしている人を嫌うことも多いです。

男女別にみてみると、男性は堅物と呼ばれるようなまじめで几帳面です。

そのまじめさから規則正しい生活を送っていて、冗談が通じないこともあります。

女性も同じようにまじめですが、男性に比べると柔軟性のある人が多いです。

また堅物な男性に付き従ってきたため、年齢よりも落ち着いた雰囲気の人が多く、あまり自分を主張しません。

長野県の男女別、年代別の年収は?

長野県の平均年収は、2018年では445万円でした。

この数値は全国平均が441万円ということを考えると、平均よりも少し高めということがわかります。

また男女別にみてみると、男性が503万円、女性が351万円となり、男性のほうがかなりの金額を稼いでいることがわかります。

年代別に見てみると、以下のようになります。

~19歳:245万円
20~24歳:307万円
25~29歳:363万円
30~34歳:411万円
35~39歳:451万円
40~44歳:480万円
45~49歳:508万円
50~54歳:532万円
55~59歳:537万円
60~64歳:375万円
65~69歳:316万円
70歳~:301万円
長野県は全体の就業率が日本でもトップクラスで、高齢者や女性の就業率も高いことも特徴です。

ですが生涯賃金は平均2.13億円となっています。

全国の生涯賃金の平均が2.56億円のため、生涯年収は低くなっています。

長野県は転職やUターンがしやすい?

長野県は有効求人倍率(2018~2019年)が約1.63倍と、全国平均と比較してもほとんど変わらない数値となっています。

そのため他県に比べて転職がしにくいということはありません。

県内には精密機械の製造工場が多く、様々な企業が拠点としています。

従業員の数も県内の22.5%を占めているので、製造業への転職を考える場合には転職もしやすいです。

またUターンに関しては、2019年にUターン就職率を高くするための就業促進計画案が出されました。

そのためUターンを求めており、これから先よりUターンの人が仕事を探しやすくなると考えられます。

ですが2019年の台風19号の被害により、景気が弱まっている傾向もあるので注意が必要です。

長野県は女性は転職しやすい?女性の転職について

長野県は全国的にみても女性の就業率が高いです。

できるだけ長く、定年まで働きたいと考えている女性の割合も76.7%と高くなっています。

そのため女性の働く意識が強い県であり、転職する場合にも転職先を探しやすくなっています。

ですが一方で課長職以上を希望している女性の割合は9.2%と全国でも5番目に低くなっています。

そのため仕事はしたいものの、責任のある立場にはなりたくないという女性が多いです。

結果、女性も働きやすい環境であるとは言えますが、キャリアアップなどを目指して転職をするのは難しい面があります。

ですが長野県も女性職員活躍推進計画などを出しており、これから状況が改善される可能性もあります。

長野県で転職先を探すならここがオススメ

・場所 E-CURE
・住所 長野県松本市島立830-11
・最寄り駅 アクセスなど 長野自動車道 松本インターから自動車で2分、JR松本駅から自動車(タクシー)で8分
・詳細 E-CUREは、長野県を専門とした転職支援会社です。

県内の転職はもちろん
IターンやUターンを希望する人も、各地の独自風土や気候などの情報や相談に乗ってもらうこともできます。

県内全域の転職に対応しているので、豊富な情報が集まっています。

・場所 ジョブズゴー
・住所 株式会社ヒューマンインデックス 本社:長野県上田市常田2-13-4
株式会社ヒューマンインデックス 長野営業所:長野県長野市南千歳1-3-17 kidビル4F
株式会社ヒューマンインデックス 松本営業所:長野県松本市野溝西1-6-29 のみぞビル2F
・最寄り駅 アクセスなど 本社:JR上田駅、長野営業所:長野駅、松本営業所:南松本駅
・詳細 ジョブズゴーはメールと電話で長野での転職を支援してくれます。

応募から入社後のフォローまで充実したサポートを受けることができるので、安心して利用することができます。

また来店しての転職サービスを利用することもできます。

長野県にはいくつもの転職支援サービスがあります。

転職を希望する人の中には、大学進学などで県外に行った人がUターンしてくることも少なくありません。

長野県は全国でも地元愛が強い県民生があるので、Uターンしてくる人も多いです。

そのためUターンの人にも対応した転職支援サービスが充実しています。

長野県で転職をしたいならハローワークを活用しよう

・場所 ハローワーク長野
・住所 長野市中御所 3-2-3
・最寄り駅 アクセスなど 長野駅(善光寺口)から徒歩10分、バスターミナルから徒歩10分、中御所バス停から徒歩5分
・詳細 ハローワーク長野は長野市と上水内郡を対象としたハローワークです。

県内で唯一マザーズコーナーがあるため、子育てなどをしている女性に向けたサービスが充実しています。

・場所 ハローワーク松本
・住所 松本市庄内3-6-21
・最寄り駅 アクセスなど バス:寿台循環線(白川・村井廻り) / 松原台線・国道塩尻線 / 柳橋バス停から徒歩5分
バス:松本周遊バス(南コース) ハローワーク入口バス停から徒歩3分
・詳細 ハローワーク松本は、松本市、塩尻市安曇野市、東筑摩郡を対象としたハローワークです。

新卒応援やふるさとハローワークにも力を入れています。

長野県には14か所のハローワークがあります。

ふるさとハローワークも設置されているので、ハローワークがない地域への転職もサポートされています。

若者向けのヤングハローワークや、女性向けのマザーズハローワークもあるので、自分に合った使い方が可能です。

長野県の転職の待遇は?土日休みや手当について

他県から長野県に転職するUターンやIターンの場合は、UIJターン就業・創業移住支援事業というものが利用できます。

これは東京圏や愛知県、大阪府からUたーんやIターンを希望する人に対し、世帯の人数に応じた支給があるというものです。

そのため生活費や引っ越しの準備に利用することができます。

土日休みなどの面からみてみると、長野県は製造業が盛んな地域なので、転職先によっては土日が休みではないということも少なくありません。

そのため転職先を決める前に、必ず確認しておきましょう。

子供のいる主婦が一度仕事をやめ、再就職をしたいという場合には、ハローワーク長野マザーズコースというものも利用できます。

これは家庭と仕事を両立したい女性に向けて、子供連れでも利用しやすい職業相談所となっています。

長野県転職は難しい?悩みや体験談について

ここからは実際に長野で転職をした人の体験談や悩みを紹介します。

・私はIターンで長野への転職をしました。

ですが長野には旅行でしか行ったことがなかったため、土地勘もなく、なかなか転職活動が進みませんでした。

そこで東京で行われていた長野県への移住フェアを利用しました。

Iターンの転職では土地柄についても知らなければならず、居住地を探すのも大変なので、転職支援などのサポートを利用することが大切だと感じました。

・長野県で転職先を探しました。

ですが転職先には製造業関係のものが非常に多く、自分が希望する職種の求人ではなかなか条件が合うものが見つかりませんでした。

製造業は技術も必要なので、どうしても1からやり直すことになってしまうので、なかなか転職先が決まりませんでした。

ですが製造関係の仕事を希望する人には、転職しやすいのではないでしょうか。

長野県の転職就職求人エリア一覧

長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村、松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村、坂城町、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村、信濃町、小川村、飯綱町、栄村
















































鹿