転職サイト 【サガシタ】

青森で転職するなら地域産業を把握し職種を活かしてステップアップしよう!

青森で転職するなら地域産業を把握し職種を活かしてステップアップしよう!

青森の転職事情は地域性の影響を受けているのか

青森の転職事情は、津軽と南部エリアで全く異なるので一概に説明できない現状があります。

なぜなら、つがる市近郊では農業を中心とした産業に対して、八戸市周辺では業業だけでなく造船業や特殊鉄鋼業といった工場が多くなっているからです。

青森市は商業都市として栄えていて、情報通信業界の進出が目立ちます。

一方、六ケ所村には核燃料サイクル施設があり研究機関が多く、大間地域ではマグロの一本釣りが全国でも有名な水産業が中心です。
転職先としてどの業種を選ぶかといった事情により、転居を伴うケースが少なくありません。

青森の転職は離職率と求人状況などから地域ごとの特徴が異なる

青森の転職は、元々季節要因が大きな農業や水産業を中心とした津軽エリアや県北部では、閑散期に仙台や東京といった遠方への出稼ぎが一般的でした。

このため、転職をする際に既に複数の手に職を持っている人が多いことから、第一次産業に従事している人ならば転職後も合理的な考え方により転職先を探せるわけです。

一方、青森市を中心とした商業都市では、転職後の離職率が他のエリア出身者よりも高くなっており、必ずしも転職が成功した人ばかりとは限りません。

このため、津軽地方の人は津軽エリアと青森市近郊で転職する機会が多く、南部エリアでは八戸市近郊での転職が中心となります。

実際に南部エリアでは方言が岩手県と共通という点から、三戸エリアから岩手県にかけての広域での転職機会が多く、津軽地方の出身者とは反りが合わない傾向が強いです。

青森で転職するなら人気の求人よりも将来性があるオススメのお仕事を選ぼう

青森で転職するならば、人気の求人へすぐに乗るよりも将来性があるお仕事を中心に選択することがオススメです。

津軽地方ならば青森市まで出向いて転職先を探すことにより、サービス業や情報通信業界への転職が可能となります。

青森市内の支社から全国各地の支社への転勤も可能となるので、キャリアアップを狙えるわけです。

一方、八戸市近郊の南部エリアならば、漁業だけでなく水産加工業に加えて造船業や輸入基地といった役割も持つので、数多くの工場と研究開発部門があります。

研究開発ができるからこそ、転職後のスキルアップに繋がることになり、生涯をかけての職業となりやすいわけです。

青森で転職を考えるならば、生涯で1度のみの転職とは考えずにキャリアプランを形成するつもりで計画的に行うことが望ましいです。

青森の転職で30代~40代にオススメな職種とは

青森の転職で30代~40代ならば、情報通信業界や研究開発部門がオススメです。

情報通信業は青森市を中心として数多くの会社が進出しており、札幌と仙台をつなぐ拠点として青森市が有力な場所となっています。
一方、研究開発部門は造船と鉄鋼分野ならば八戸市、原子力分野ならば六ケ所村が最先端技術の研究に適しています。

過去の職種を活かしてステップアップするならオススメな職種です。

また、過去の職種とは全く異なる新たな職種へ挑戦したいなら、次回の転職を視野に入れてスキルアップ狙いが望ましいと考えられます。

中には将来独立開業できるタイプの職種として、国家資格が必要な職種も理想的です。

50代になってからの資格取得は難易度が高いので、働きながら資格取得が可能な職種を転職先に選べば、キャリアアップを並行して行えます。

青森で転職するなら50代~シニア(シルバー人材)にとってオススメとは

青森で50代以上の転職を行う際には、人生100年を見据えた65歳以降も働ける職種が望ましいです。

システム開発部門にいたならば、サーバー保守管理といった部門に挑戦することがオススメとなります。

50代以上となった場合には、今まで経験してきた職種を活かせる分野ならば、新たに覚える内容を最小限に抑えることができるので、少なくとも辛い下積みを経験する期間を僅かに短縮できます。

すぐに応用が効く分野ならば、さほど苦労せずに職場にも馴染めるわけです。

工場関連の仕事であっても、保守管理業務や警備業務ならば体力面が不安になっても、肉体労働をせずに済むメリットがあります。

青森市の商業ビルや八戸市の工場地帯といった場所ならば、警備業務を専門的に行いつつ定年退職後は駐車場警備や私服保安員といった職種へ再度転職可能です。

青森の転職は中途採用であっても未経験からチャレンジできる

青森の転職は、ある程度の年齢に至っていても中途採用でありながら未経験からチャレンジできる点が魅力です。

なぜなら、青森では従来の農業や漁業に加えて新たな情報通信業と重化学工業が進出しているので、今までは無かった業務に携わる人材を次々と募集しているからです。

現地採用を積極的に行っている青森市と八戸市周辺で転職先を探せば、有効求人倍率が高い期間中は転職先に困ることは少なくなります。

青森県外へ出ての転職では、独自の訛りをある程度修正しなければ意思疎通が難しくなることが珍しくありません。

このため、同じ津軽と南部のエリア内での転職ならば、訛りの問題を気にすることなく中途採用であっても新たな職種へチャレンジ可能なメリットがあります。

青森の転職は契約社員ではなくアルバイトしながら正社員を目指す

青森の転職事情は、基本的に正社員志向が強いので契約社員という形態は20代前半までが主流です。

30代以上となる場合には、既婚率が高くなるために転職先として正社員を目指す転職者が大半となります。

このため、青森で転職先を探す際には契約社員からの社員登用という制度が大都市ほど発達していないために、アルバイトしながら正社員を目指すという副業に慣れた青森ならではの転職活動が行われています。

青森では、かつての出稼ぎ文化がまだ残っていることから、出稼ぎせずにそのまま年間を通して働ける転職先を確保するために一時的にアルバイトで凌ぐという考え方です。

正社員を目指した転職が中心となるからこそ、契約社員よりもアルバイトを行う人が多いと分かります。

青森の転職事情はどのようになっているのか

青森の転職事情は、かつての出稼ぎ文化から年間を通して働ける場所を確保するという考え方により積極的に行われています。

津軽・青森・八戸といったエリアごとに発達している産業が異なるので、青森の転職はこれから発展する業種を選んで転職先とすることが望ましいです。

正社員志向が強いために契約社員といった期間を定めた雇用よりもアルバイトで凌いででも正社員を目指す傾向が強くなっています。
研究開発部門だけでなく保守管理や警備業務といった従来の農業や漁業以外の分野にも勤務先が増えていることから、計画的な転職を行うことでキャリアアップを目指せる環境が整いつつあります。

青森県の転職就職求人エリア一覧

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町、鰺ヶ沢町、深浦町、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村、板柳町、鶴田町、中泊町、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町、大間町、東通村、風間浦村、佐井村、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村