転職サイト 【サガシタ】

長崎県の転職に関する人気就職先の耳寄り・役立ち情報をまとめて紹介

長崎県の転職に関する人気就職先の耳寄り・役立ち情報をまとめて紹介

長崎県で転職を目指す時の注意点と成功のポイント

以前の日本でしたら、一旦入社した後は余程の事情がない限り、他社への転職は考えないことが一般的でした。

もちろん、現在でも退職するまで同じ会社と言う方は多数派ですが、以前に比べて転職を検討する方は増え、なおかつ企業の方の受け入れる姿勢も積極的となりつつあります。

このような事情があるために転職の敷居は、従来に比べて低くなったと考えられますが、やはり、将来性を考えるとやるべきか否かで悩んでいる方も多いはずです。

勤め先をかえても状況が悪化する場合もありますので、慎重な検討が好ましいもの。

この記事ではリスクを低減するため、長崎県での転職事情について踏み込んで考えていくことにします。

長崎県の転職には求人状況と離職率は最初にチェック

転職の際には何とか勤務先をかえようとして、採用されやすそうな会社を選ぶケースもあるようです。

しかし、入社したは良いもののぞんざいな扱いを受けたり、社内環境が劣悪で辟易してしまうケースも考えられなくはありません。

そこで転職先を選ぶ時に押さえておきたいポイントとしては、求人状況のチェックと離職率のリサーチが挙げられます。

まず、求人状況については有効求人倍率などを目安にしてみるのも良いでしょう。

有効求人倍率が高い水準にある時には、積極的な採用が期待できます。

逆に求人倍率が1を切るような状況ですとライバルも現れやすくなり、企業の採用姿勢も低調になりかねません。

そもそも景気自体が後退している可能性もあるので、倍率が低水準な時には転職は避けたほうが無難かもしれません。

加えて企業の離職率についてもリサーチしていきましょう。

企業によっては求人情報と併せて離職率を掲載しているケースがあります。

長崎県の離職率は2018年の調査では、大卒・高卒ともに全国平均を4%から5%程度上回る結果になりました。

したがって長崎県内では、勤務を続けやすい会社を重視して選んでいくのも一手です。

長崎県で転職に人気オススメのお仕事と産業事情

長崎県は港湾都市を有して工業も活発に行われている他に、観光業や農業・漁業も盛んに行われています。

加えて近年はIT関係の会社も増えてきている他、企業誘致も行われているために先進的な会社や、規模の大きな職場も充実してきているようです。

したがって、長崎で転職を検討する際には、選択肢は豊富になりつつあると言えるでしょう。

求人情報に目を通してみても、景気にもよりますが色々な会社が募集を出しているのがわかります。

これらのうちで人気が高いのは、やはり有名企業でしょう。

長崎県内では全国でも知名度の高い巨大テーマパークの他、有名な通信販売会社が本社をおくなどしています。

他に酒造メーカーの大手も長崎を拠点としているなど、有名企業は少なくはありません。

他には、工業が活発なので各種工場への転職も考えやすく、おすすめできるでしょう。

国内最大手の重工業企業の工場が進出している他、造船関係の会社も多数となっています。

長崎で30代~40代の転職にオススメのお仕事とは

長崎県で30代から40代の方が転職を考えるには、バラエティーに富んだ求人募集がありますので、選択肢は広めと言えるでしょう。

これまでのキャリアを活かしたい方にも適性は高いと考えられます。

逆に現在の職に将来性がないと考える場合には、未経験者歓迎の仕事もタイミングによっては良く見当たるので、思い切った方向転換も可能なはずです。

何れを選ぶかは勤務条件や将来性、長崎県の経済事情などを踏まえて考えていくと良いでしょう。

中でもおすすめしやすいのは営業職となります。

長崎県は都市部を中心に地元企業の他、県外の会社のチェーン店が進出している状況にあり、営業スタッフの募集は比較的よく見当たるようです。

他には設計開発やIT関係のエンジニアについてもしばしば求人が出ているので、これらの経験がある方には有利と言えるでしょう。

工場などが多いためCADオペレータなどは活躍しやすくなっています。

更に研究・開発関係の職場も見かけることがあるので、高度な知識や高学歴を武器に先進的な職場への転職も考えられるはずです。

長崎で50代~シニア(シルバー人材)の転職にオススメの仕事

50代以上となると長崎に限定した話ではありませんが、転職の際には慎重な判断が欠かせません。

若い世代に比べて経験やスキルも要求されてくるのと併せて、管理職経験の必要性も高まってきます。

全国的に見ても50代以降の転職は簡単とは言えず、長崎県内でもこの世代以降は求人募集が限られてくるので、慎重に考えていきましょう。

ただし近年は企業の方も中途採用を積極的に行っていたり、高齢の方も対象に幅広く人材を集めているケースもあります。

このために景気が好調なら求人募集自体は見当たると思いますので、そこから自身に相応しい条件のものを探していくのがおすすめです。

まず技術と経験、管理職としてのノウハウが要求される施工管理の職場は、チェックしてみても良いでしょう。

長崎県では土木建築系の職場は少なくないので、50代からの採用も可能性はあるはずです。

他には店長候補やフランチャイザーの募集も比較的見当たります。

これらは自由度の高い働き方が可能だったり、定年の心配がない職場もあります。

長崎で転職をするなら中途採用を積極的に行っている会社を

日本は伝統的に新卒採用が好まれてきた風潮があるのですが、近年は労働人口の減少に伴って考え方が変わってきました。

中途採用に力を入れて、経験やノウハウのある30代以降の人材を積極的に雇用している会社もあります。

長崎県でも中途採用を検討している職場はしばしばあるため、転職の際にはチェックしておきましょう。

どうやって調べれば良いのかですが、これには転職情報サイトを活用していくのがおすすめです。

普通の求人情報ですと新卒だけの募集案件も多数混ざっているので、探すのに一苦労します。

この点で転職関係のサイトならば専門性が高い分、探す際の無駄が少なくなっています。

長崎で契約社員やアルバイトからの転職はどうなの?

近年は契約社員やアルバイトの仕事内容も、割と高度なものが要求されやすくなっており、正社員と同じか更に大変な業務を担っているケースもあります。

それでも給与や待遇が正社員よりも遥かに劣るケースがあるので、ならば正規の社員を目指したいと考えるのは自然です。

長崎で正規社員への転職は、可能な職場も多くなってきましたので要チェックでしょう。

特に非正規社員でスキル・ノウハウがないケースでは、未経験者応募可能の職場をリサーチしてみるのがおすすめです。

また、最初はアルバイトや契約社員からはじめて、正社員へ登用される仕組みがある職場もあります。

資格を持っているなど転職に関して武器がある時には、それを活かせる職場を探してみましょう。

長崎で転職を成功させるには自分磨きとコマメなリサーチを

転職を希望する際には、いきなり決断せずに自身と向き合い、かつ求人情報を定期的に確認していくようにしましょう。

転職の際には自身が思っているよりも高度な技術やノウハウを要求されることを想定して、積極的に努力していくことが大切となります。

このような姿勢が「やる気」としても評価される可能性もあるためです。

併せて求人情報も忘れず、数日おきに確かめていくようにしましょう。

長崎県には色々な会社があるので、探してみると自身が希望するような労働条件や仕事内容の職場も見当たるかも知れません。

色々な情報に目を通すと具体的に転職を計画しやすくなりますし、自身がやるべきことや目標も見えてくることもあります。

近年の情報サイトは無料が原則となっていますので、気軽に目を通して行きましょう。

長崎県の転職就職求人エリア一覧

長崎市、佐世保市、島原市、諫早市、大村市、平戸市、松浦市、対馬市、壱岐市、五島市、西海市、雲仙市、南島原市、西彼杵郡、長与町、時津町、東彼杵郡、東彼杵町、川棚町、波佐見町、北松浦郡、小値賀町、佐々町、南松浦郡、新上五島町
















































鹿