転職サイト 【サガシタ】

東京で転職仕事探し!実は他の地域よりも楽に探せるって知ってました?

東京で転職仕事探し!実は他の地域よりも楽に探せるって知ってました?

首都東京での転職ってやはり大変なのか知っておきたい!

日本の首都東京、ここで転職をと考える人は実際、少なくありません。

地方から来ての転職も、東京ですでに働いていてその会社からの転職希望も、どちらも多いのは仕事の多さからも当たり前のことです。

しかし思うような仕事が見つからないということ、ありますね。
とりあえず転職して収入を確保、それから本当にやりたい仕事を探すという人もいます。

今の会社から何よりも出たくて、転職目指す人もいます。

理由は様々、特に人口密度の高い、仕事の種類も半端のない東京です。
さて、転職状況はどんなものなのでしょうか。

今の東京の転職状況とか離職率ってどうなの?求人は?

ネットの求人や転職情報を見ていると、この離職率について言及しているところが多いですね。

というのも、離職率が低い会社や仕事は、それだけ続けている人が多い、つまりは働きやすい職場だということにほかなりません。

なので求人情報などにも、離職率5%以下の会社を集めました、などという一文があるのです。

転職する場合、何か1つの職種に絞っていない限り、この離職率を目安に仕事を探せば、割といい職場に転職ができます。

どうしてもこの職種でないと、と言う人以外は離職率に注目してみてください。
もちろん出ている情報は鵜呑みにはできません。

しかし1つの目安になることは事実です。

実際のところ、東京での求人などは仕事を選びさえしなければ、ある意味本当に簡単なのです。
何しろ仕事の量が、半端ないのです。

東京で転職のおすすめの仕事は?人気職種ってある?

実際に東京で転職する人の場合、何より人気なのはブラックでない会社への転職、なのです。
おすすめも同じことです。

世界一忙しく、また眠れない都市と言われる東京です。
ここでの転職は仕事量の多さで、見つけるのはさして難しくありません。

最大の問題は、ブラック企業であるかどうかを見極めることです。

派手な、人気のありそうななマスコミ関係の仕事は、たしかに若い人などには人気があります。

しかしすでにある程度の仕事を東京でしていて、そういった仕事というものに夢だけではとても就けないとわかっている人の場合、まず転職先にはしません。

ブラックの自覚なしのブラックな仕事、眠れない仕事になるのは当然ですので、転職先にする人はじつは少ないです。

何よりオススメで人気の転職先は、時間通りに働いて帰宅できるという平凡な仕事だというのは、ちょっとした皮肉ですね。

東京で30代とか40代の働き盛りの転職は何がオススメ?

30代や40代は、本当に働き盛りです。
まだまだ体力もあり、頭も回ります。
しかもすでにある程度、人生も仕事も経験しています。

なので転職先は、降るようにあると考えてしまいますね。
実は結構難しいのも事実です。

専門職でない限り、この年代の人を受け入れる会社側には、年齢的にあまり粗雑にはできませんし、でも仕事自体にはまだ100%の戦力として期待はできません。

なので持て余してしまうことが多いのです。

ただしこの年代の場合専門職以外の転職なら、仕事先に贅沢を言わない限り転職先は見つかります。
多様収入は減ってもという覚悟だけは、必要なのが悲しいところです。

もちろん営業などの経験のある人の場合、受け入れ先は多いですね。
また専門職、何かのプロフェッショナルの場合も、同様です。

IT関連の仕事の場合も、その経験を活かすことができるので、転職に活かすことができます。

東京で転職50代以上のシニアはどう?仕事見つかる?

いい加減の年齢なので、もうこの会社で最後までと言う人もいれば、最後に花を咲かせたいという人もいます。

また一応リタイアはしたけど、人生まだまだなのでこれはリタイアではなく転職だと胸を張る人もいます。

実際仕事自体が数多くある東京の場合、こうした年代の人でも仕事、転職先は見つかりやすいです。

また東京都指定管理事業の、東京しごとセンターの利用で転職先を見つけることもできます。

シルバー人材センターというものもありますが、収入自体が少ない仕事中心なので、東京しごとセンターのほうが仕事探しにはおすすめですね。

転職用のエージェントなどもシルバー世代専用のものがありますので、これを利用しての仕事探しがおすすめです。

運が良ければ、これまで培った仕事の技術や知識、この先も運用ができますよ。

東京で転職というのはっもちろんある種の中途採用!やはり給料など低くなる?

実際のところ、転職というのは中途採用という言葉に置き換えができます。
途端に何となく悲しい感じがしてくるのは、何故なのでしょうか。

しかしこの中途採用にしても転職にしても、そんなに気にする必要はありません。

日本では昔から、仕事は最後まで同じ会社、という暗黙の了解がありました。
忠臣は二君に仕えず、と言う感じです。

でもアメリカなどでは、転職の回数がつまりは、その人間の経験値でありしかも複数の会社から欲しがられる人材である証拠、とされています。

グローバルに考えれば、そして世界的にも通用する都市東京での転職は、後者と見るに充分な値打ちがあるのです。

東京の転職はアルバイトとか契約社員でも?

どうしても希望の職種が見つからない、頑張ってみたけど正式採用されない、等の場合とりあえずアルバイトや契約社員でつなぐという手もあります。

なんかそれって、負けたみたいで嫌だなあと思う人もいるでしょう。
でもこれは東京だからできることです。

どうしても希望の職に就きたい転職したい場合、つなぎにこうした職種の仕事をするのもまた、経験を深めるチャンスです。

特に東京のような大都市の場合、アルバイトも契約社員の募集もいくらでもあるのです。

とりあえずの収入源として、経験を増やすと思って、こうした仕事に転職をしてみるのも悪くありませんね。

これ決して負けではなく、雌伏の時と思いましょう。
東京だからこそできる、バイトなどの経験も貴重です。

つまり総体的に見て東京での転職ってどんなもの?

一見大変そうな東京での転職ですが、実は仕事の量や職種が日本一と言っていい多彩さを誇っていますので、割と簡単にできるものなのです。

転職、仕事探しのための機関も東京だからこそ、あれこれと用意されています。
年代問わずに、転職を受け入れてくる土壌があるのも、また東京だからです。

もし単に収入が欲しくての転職なら、本当に仕事を見つけるのに問題ありません。
ブラック企業に引っかからないことを考えて、割のいい仕事を探してください。

そのブラック企業からの転職の場合、2度は引っかからないように気をつけて、収入もプライベートの時間も確保できるようにしたいですね。

そしてシルバーの年代も、東京だからこそ受け入れてくれる企業や仕事があります。
生涯現役のできる、そういった仕事に転職できる都市が、東京なのです。

東京都の転職就職求人エリア一覧

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島支庁、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅支庁、三宅村、御蔵島村、八丈支庁、八丈町、青ヶ島村、小笠原支庁、小笠原村
















































鹿