転職サイト 【サガシタ】

仕事辞めたいのは人間関係や給与未払いトラブルが多くの原因があった!

仕事辞めたい気持ちをコントロールしたい

人生の中で、仕事に費やす時間はとても長く、貴重なものです。

医師や美容師など、職業に就くために時間とお金をかけて資格を習得することもあります。

他にも、仕事内容によっては、新しい技術の習得やスキルを身に着けることができます。

しかし、ワークライフバランスはとても重要であり、仕事のバランスが自分にとってあまりにも理不尽と感じるときがあります。

そのような時にはせっかく好きで始めた仕事や憧れの仕事であってもを人は辞めたいと感じるのです。

人が仕事を辞めたいと思う瞬間はいったいどんなときかをまとめてみました。

仕事辞めるキッカケのほとんどが人間関係によるトラブル

仕事を辞めたい最も多い理由は人間関係です。

最近ではパワハラやマタハラといった言葉があるように、職場でのハラスメントが非常に問題となっています。

逆に人間関係が良好な職場環境であれば、多少忙しい職場でも一緒に乗り越え、さらに信頼関係を築くことができます。

人間関係を築きにくい人には特徴があります。

最も多い特徴は人と協力ができない人です。

このような人は自分の経験を基準で話し、他人のやることについて理解しようとせず、まず否定から入ります。

自分が正しいと思っているため、他人にマウントを取られていると感じられてしまいます。

環境をよりよく改善した結果があれば、よいですが、たいていの場合、口だけで言っていることが多いので人からは信頼を得られないことが多いです。

同じような人で自分の話ばかりする人も人間関係を築きにくいと考えられます。

人は誰でも自分の話をしたいものですので、職場ではお互いの意見を出し、よい結果を出すことが求められます。

しかし、自分の話ばかりする人は周りの人はすでにうんざいしているため、積極的な意見交換や会話をすることができません。

このような人が上司となった場合、部下は積極的に仕事に取り組めず、辞めたいと思うようになります。

まずは、どんな職場であっても、最低限のマナーを守り、他人を思いやることが大切です。

給料安い残業が多すぎて仕事を辞めたいのはわかるのだが…

仕事を辞めたい理由の上位に来るのは給料の問題です。

自分に見合った給料がいったいいくらなのか、入ったばかり、特に新卒の時点では分かりません。

それよりも、仕事への憧れや希望に満ち溢れており、給料について考えが及ばないこともあります。

しかし、実際に仕事をしていく中で、頑張っただけの報酬に見合わないと感じることがあります。

例えば、基本給の割にボーナスが少ない、残業代が出ないといったケースが考えられます。

このような時に人は仕事を辞めたいと感じます。

給料が自分に見合っていないと感じ、仕事を辞めたいときには給与交渉がおすすめです。

自分のセールスポイントをアピールして、上司や人事部の担当と面談することで、給料が上がる可能性があります。

今の職場での昇給が見込めない場合には、潔く転職するか、資格をとるという手もあります。

コロナの影響で医療が崩壊しかねない現実

新型コロナウイルスの影響で生活様式が変化している中、働き方が大きく変わりました。

コロナの影響では仕事を辞めたいと感じる職種で最も多いのは医療従事者と言われています。

今回のコロナ騒動での一番の功労者ともいえる医療従事者は、現在かなり過酷な状況で働いています。

病院はコロナ対策として、アルコールや防護服などを備える必要がある一方、患者側はできるだけ病院に行きたくないという心理から通院を控えるといった動きが出てきており、病院の経営は厳しい状態となっています。

したがって、医療従事者に払える給料を減らすしか手がなく、ニュースでも報道されたように多くの病院でボーナスカットなどありえない事態が起きているのです。

他にも医療従事者の家族が差別されたり、長期間、家族と会うことを自粛せざるを得ない人たちが数多くいます。

コロナに感染している患者さんと接することはどんな防護服を着ていても怖いと感じることは自然だと思います。

医療従事者の多くは資格を持っているため、コロナの患者さんを受け入れる総合病院でなくても仕事がある人が多くいます。

このような人たちが仕事を辞めたいと感じ、離職に繋がることは医療崩壊になりかねないと考えられます。

現在、日本で医療崩壊が起こっていない理由はコロナ対応にあたっている多くの医療従事者の使命感で成り立っているといっても過言ではありません。

仕事を辞めて留学する前に必要なスキルと準備は済みましたか?

この理由は上記で上げたネガティブな理由とは違い、自分のスキルアップのためのポジティブな理由と考えられます。

学生時代には興味がなかったものの、実際に社会に出てから、英語の重要性に気付いたり、より多くの人とコミュニケーションがとりたいと中国語を勉強したりと語学を学びたいと考える人は多くいます。

留学には高額な資金と十分な環境が望まれます。

仕事をしながら語学スクールに通っていてももちろん語学力はある程度つきます。

しかし、やはり、現地で生活することで、モチベーションの向上にもつながりますし、語学だけでなく、文化や環境に触れる機会が与えられ、自分の世界が広がることで、自分の人生を豊かにしてくれます。

したがって、社会人を数年経験し、貯金がある程度できたとき、夢をかなえるために仕事を辞めたいと考えるのです。

また、帰国後は語学力を生かした職に就くことで、給料を上げることができるかもしれません。

ただし、留学中は日本とは違う文化の中で生活することの覚悟と語学を身に付けるかなりの努力が必要となります。

仕事辞める前に一度立ち止まって考えてみよう

仕事を辞めたい理由は様々あります。

今回上げた理由以外にも、結婚や移住など仕事と直接関連のない理由も存在します。

しかし、どんな理由であれ、その理由が大きくなればなるほど、ストレスを感じ、最終的に体や心を壊してしまうことがあります。

そうなってしまったら、仕事を辞めざるを得ないかもしれませんし、人生を台無しにしてしまう可能性があります。

今では永久雇用と呼ばれる時代ではありません。

誰でも年齢や性別に関係なく、転職や進学を考えることができます。

資格取得のためやキャリアアップを狙う積極的な人ほど、簡単に仕事を辞めてしまうことがあります。

転職する、転居する、留学する、新たな資格を取る、起業するなど、仕事を辞めたあとの選択は無限に広がっているのです。

今の仕事を辞めることも人生のうちの選択のひとつととらえ、新しい環境に挑戦してみる選択をしてみてもいいのではないでしょうか。