転職サイト 【サガシタ】

転職面接の概要とポイントを把握して適切な対策を立てられるようになろう

転職面接とはどのようなものなのかと基本的な対応方法を知っておこう

転職活動をするときには転職面接の対応が必要だという話を聞いたことがある人も多いでしょう。

面接による選考が行われるのが転職では一般的なことで、1回~3回にわたって実施されています。

この対策を十分にしていたかどうかによって採用されるかどうかが大きく左右されるので注意が必要です。

転職面接の内容について詳しく解説し、基本的な対応方法として標準的なものを紹介するので参考にして下さい。

転職面接で重要になる身だしなみや服装のポイント

転職面接では新卒の就職活動のときと同じように身だしなみや服装のチェックを怠らないことが大切です。

ただ、新卒の場合とは考え方に共通点と相違点があるので注意しましょう。

共通しているのは清潔感を重視した身だしなみを整えることが必要なことです。

あくまで面接官に対してネガティブな印象を持たれないようにビジネスパーソンとして適切な身だしなみや服装を整えるのが基本です。

ただ、新卒のときとは違ってリクルートスーツに身を固めるのは良い方法ではありません。

志望先の職場で標準的な服装かそれよりもややフォーマルな服装にするのが適切です。

スーツなのか、ビジネスカジュアルなのかといったことは予め調査して面接に臨むようにしましょう。

転職面接の準備として欠かせない質問対策とは

転職面接の準備として最も重要と言われているのが質問対策です。

質問対策とは面接で想定される質問を考え、その回答を用意しておくことを指します。

例えば、志望動機は何か、退職した理由は何か、他社よりも自社を選んだ根拠は何かといったことはよく聞かれます。

典型的な質問に対してはスムーズに答えられるようにしておき、面接官から良い印象を持ってもらえるようにするのが大切なのです。
きちんと準備を整えておく必要があるのは、質問への回答は自分の魅力をアピールする機会になっているからに他なりません。

その回答を通してスキルや経験をアピールしたり、意欲や熱意を伝えたりすることで有望な人材だと考えてもらえるようにするのが質疑応答をする意味です。

それを念頭に置いて回答にどのようにして自分の魅力を織り込んでいくかを考えておくことが面接の成功の可否を分けるのです。

できるだけ色々な質問のパターンに対応できるような回答の仕方を考えておきましょう。

転職面接で差をつける自己紹介と自己PRの準備方法

転職面接の対策で他の人に差をつけやすいポイントとして知られているのが自己紹介と自己PRです。

自己紹介は面接の最初に行われるものなので、その内容次第でどんな人物なのかという印象が決まります。

ただ名前を伝えるだけでなく、自分の取り柄を盛り込んでまずここでアピールするという考え方を持ちましょう。

詳しいアピールは自己PRの機会が設けられる場合が多いので、そのタイミングで的確に話をすれば問題ありません。

自己PRは1分から3分くらいにまとめておくのが適切です。

自己PRをして下さいとストレートに言われることはあまりないので、長所は何か、入社したら貢献できると考えている点は何かといった聞かれ方をしても対応できるようにしておきましょう。

転職面接では志望動機をどのようにして伝えるべきか

志望動機は転職面接ではほぼ確実に質問されますが、どのようにして伝えたら良いかで悩みがちです。

退職理由から正直に言うべきかどうかが最も悩みになるポイントですが、特に言及されていない限りは退職理由に触れる必要はありません。

何が魅力と感じて志望先を選んだのか、入社したらどのような貢献ができるのかといった視点で前向きな姿勢で話を展開するのが大切です。

入社したいと考えたポイントを最初に端的に伝えて、その後で理由やエピソードを話すというのが印象が良くなる流れです。

本来は志望動機を話すタイミングなので将来展望については話す必要がないと考えてしまいがちですが、自己PRをするための質疑応答なので入社後に志望先に与えられるメリットも伝えるようにしましょう。

転職面接で問題になりがちな逆質問への対策のコツとは

転職面接の対策として逆質問については問題になりがちです。

逆質問とは「質問がありますか?」という面接官からの質問で、面接の終わり際に聞かれることが多くなっています。

単純に不明点があるなら今のうちに聞いておいて欲しいという意味合いの場合もありますが、ここでどんな質問をするかを評価しようとしていることもあるので注意しましょう。

質問がないのは最も失礼で興味がないと言っているようなものです。

また、事業内容などの公開されている情報を質問するのも勉強不足と判断される原因になります。

処遇について質問しても問題はありませんが、求人票に記載されていない内容に限定しましょう。

可能であれば自己PRにつなげられるように質問を作っておくのが大切です。

転職面接に行くときに必要な持ち物と準備のポイント

面接では当日に何を持って行ったら良いかで悩みがちです。

当日の持ち物は志望先から指示されることが多いので、書類などはきちんと整えておくのが必須です。

履歴書と職務経歴書は事前に提出した場合でもクリアファイルに入れて3部くらいは用意して行きましょう。

それ以外の持ち物はメモ帳と筆記用具程度で、身だしなみを直前に整えるための鏡や化粧品なども持って行くのが無難です。

事前にチェックリストを志望先ごとに作っておくと安心でしょう。

準備をするのは前日にして当日は慌てずにチェックリストで確認して出発できるようにするのがポイントです。

交通機関の遅れがあるリスクも考慮して早めに到着できるようにスケジュールを組んでおきましょう。

転職面接で成功を勝ち取れるようにするための対応方法のまとめ

転職活動をするときには選考における面接の比重が大きいことを念頭に置いて、転職面接の対策が採用内定を獲得するためには欠かせないと自覚しておきましょう。

志望先にとっていかに魅力的な人材かをアピールすることが面接で重要なポイントです。

想定される質問を考えて回答を用意するといった対策をして、自分を常にアピールできるように準備をしておくことが成功につながります。

志望先に合わせて服装を選び、持ち物の準備は前日のうちに済ませて当日は落ち着いて面接を受けられるようにしましょう。

このような準備をしていたかによって面接をうまくこなせるかどうかが大きく左右されると肝に銘じておきましょう。