転職サイト 【サガシタ】

転職活動で必要になる履歴書の基本ルールと書き方のポイントを理解しよう

転職で提出が必要になる履歴書について詳しくなっておこう

転職活動をするときには履歴書を書いて提出することになります。

書類選考によって面接をする価値がある人材かどうかを判断しているのが一般的で、その重要書類として活用されているのが履歴書です。

採用の可否を分ける大きな影響力を持つので魅力的な内容に仕上げるのが転職の成功には欠かせません。

一般的な書き方について詳しく理解し、アピール力のある履歴書を書き上げられるようになりましょう。

転職のときの履歴書に関する一般的な書き方

転職活動をするときの履歴書の書き方は基本的な部分については新卒の就職活動のときと大きな違いはありません。

志望先から特に指定がない場合にはどのようなフォーマットの履歴書を選んでも良いですが、指定がある場合にはそのフォーマットに記入していきましょう。

履歴書の大半の項目は氏名や住所、学歴や職歴などの工夫をする必要がないものです。

事実をわかりやすくはっきりした文字で書くのが基本になります。

一般的には手書きの履歴書が好まれると言われていますが、転職のときには特に手書きでない方が好まれることすらあるので注意しましょう。

パソコンで書いた文字の方が読みなれていることが多いからです。

また、電子ファイルで履歴書を提出するケースも増えてきているため、特に指定がない限りはパソコンで履歴書を書くようにしましょう。

提出用は厚手の上質紙を使用するのが好まれていますが、普通紙などの質が低い用紙を避ければ特に大きな問題はありません。

特に指定がない場合には片面印刷にして、提出時にはクリアファイルに挟むのがマナーとして知られています。

転職の履歴書に記載する志望動機について注意すべきポイント

履歴書には自由記入欄が設けられているのが一般的です。

多くのフォーマットに共通しているのが志望動機の欄で、短い言葉で端的に志望している理由を書き記す必要があります。

志望動機を書くときには結論をまず書くようにしましょう。

こういう理由で志望しているとまずは明示して、残りの欄で理由を端的に述べていくというのが基本スタイルです。

志望動機は面接のときに詳しく質問されることが多いので、この記載内容が切り口になります。

それを見越して説明しすぎてしまわないように仕上げるようにしましょう。

質問して欲しいポイントを散りばめておくようにすると面接対策もしやすくなるので、工夫できるポイントとして覚えておきましょう。

転職の履歴書では学歴をどのようにして記載するのが良いのか

履歴書には事実を記入する欄として学歴や職歴があります。

学歴はどのように記載したら良いかは悩みになりがちな点で、どこからどこまで書いたら良いのかの判断が難しいでしょう。

学歴は一般的には高校卒業から後の学歴を記載するようになっていて、時系列で記入していけば問題ありません。

高校を出てから社会人になり、その後に専門学校に通っていたという場合にも高校卒業の後はすぐに専門学校入学の記載をすれば大丈夫です。

中卒の人の場合には中学校卒業、あるいは高校中退について記載して、空欄にしてしまわないようにしましょう。

記載漏れだと思われてしまうと書類選考の時点で不採用になってしまうリスクがあるので注意しなければならない点です。

転職の履歴書の自己PR欄に記入するときに知っておくべき点

履歴書には自由記入欄として自己PR欄が設けられているフォーマットもあります。

書類選考での競争率が高いときには特に自己PRができるのはメリットで、この欄を読んでちょっと話を聞いてみても良いかなと思ってもらえたら面接に呼ばれます。

学歴や職歴などでそれほど魅力がなかったとしても人材として興味を持ってもらえれば面接には進めるのです。

そのため、自己PRでは何か一つに絞って必死にアピールしたいポイントを端的に記入しましょう。

志望動機の場合と同じでまずは何を伝えたいのかをはっきりと書き、残りの部分で理由を説明したり、話を膨らませたりしてより深い興味を持ってもらえるように仕上げるのがアピール力を高めることができる方法です。

転職で履歴書とともに必要な職務経歴書とはどのようなものか

転職で求人に申し込むときには履歴書とともに職務経歴書の提出も求められるのが一般的です。

職務経歴書は職歴を詳しくしたもので、今まで経験してきた職務について詳細を説明するのが目的の書類です。

フォーマットが決まっていないのが一般的で、今までの経歴を時系列または逆時系列で説明していくのが通例になっています。

業務の概要と自分が成し遂げた成果について記述することで人材としての魅力や持っているスキルなどをアピールするのが職務経歴書です。

また、職務についての説明を終えた後で、自分の経験やスキルなどについての要約を付けたり、特技や取り柄などについて説明を付したりすることもできるので、専門的な能力をアピールするのに活用しましょう。

転職の履歴書に貼る写真について理解しておくべきポイント

履歴書には写真を貼付する部分がありますが、転職活動のときには写真をどのようにして撮影して貼ったら良いのでしょうか。

基本的には清潔感のある姿で撮影した証明写真を貼付すれば問題はありません。

落ちてしまったときのために裏に氏名を記入しておくようにしましょう。

電子ファイルの履歴書を提出する場合には撮影した写真をスキャンしたものを写真欄に合わせておけば大丈夫です。

ただ、実際には写真の欄があっても貼らなくて良いという対応のこともよくあります。

顔は面接のときに見れば良いというスタンスで、写真不要という記載があることもあるので、求人票をよく読んでから写真を用意する必要があるかを判断しましょう。

転職で成功するための履歴書の書き方に関するまとめ

転職で成功するためには書類選考を受けるときの重要書類になる履歴書を正しく整えるのが大切です。

志望動機や自己PRなどの自由記入欄以外については、基本的には事実を正確に書けば問題はありません。

志望動機や自己PRは競争のときにはとても重要なので内容を吟味しましょう。

伝えたい結論を最初に記入し、残りの部分で根拠を説明したり、内容を膨らませたりするのが効果的です。

書類選考のときには職務経歴書も提出することになり、フォーマットが自由で専門的な能力や経験についてのアピール機会になります。

職務経歴書も十分に充実させることが書類選考を通過するのにつながるのでしっかりと内容を吟味して書き上げるようにしましょう。