転職サイト 【サガシタ】

沖縄転職情報の年齢層・雇用形態ごとのオススメ求人情報も展開中!

沖縄転職情報の年齢層・雇用形態ごとのオススメ求人情報も展開中!

沖縄県内で転職をお考えなら! 沖縄の転職情報まとめ

観光産業をはじめとした、サービス業の求人が多く出ている沖縄県。

最近では、石垣島を中心とした離島の再開発などが進んでいることもあり、建設業の比重なども高くなってきていますよね。

このページではそんな沖縄県内で転職をお考えの方に向けて、沖縄県の転職情報について解説していきたいと思います。

沖縄県内の離職率や求人状況などはもちろんのこと、年齢層や雇用形態ごとにオススメの求人情報なども紹介しています。

沖縄県内で転職をご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてくださいね。

沖縄の転職情報!まずは離職率や求人状況をチェック!

はじめに沖縄県の離職率や求人状況などについて、大まかにチェックしていきましょう。

まずは、沖縄県の現状を把握しておくことが重要です。

沖縄県の離職率

沖縄県の離職率を見てみましょう。

2018年12月7日付の沖縄労働局の発表によると、沖縄県内の高卒者の3年内離職は52.3%、大卒者で39.5%となっています。

全国平均は、高卒者39.3%、大卒者31.8%となっていますので、これはかなり高い数値であると言えますよね。

企業とのミスマッチのほか、賃金が安いことやある程度売り手市場でもあることなどが背景となっているようです。

沖縄県の求人状況

2019年9月12日時点での沖縄県内の求人状況について見て行きましょう。

まず、沖縄県内の気になる求人数は2,914人となっています。

前年と比較すると12.1%も増えているという状況なんです。

就職希望者数は2,447人ですので、有効求人倍率は1.19倍となっています。

有効求人倍率の全国平均は1.59倍ですので、平均よりも低いという傾向がありますが、それでも売り手市場であるということがわかりますね。

沖縄で転職するなら!一番人気!オススメお仕事の求人情報!

沖縄県内で今もっとも人気の高いオススメの求人情報をご紹介します。

それが、こちらです。

南島酒販株式会社の事務スタッフ(正社員)

1979年創業の南島酒販株式会社の求人です。

沖縄県内でナンバーワンに輝くレベルの南島酒販は、泡盛はもちろん、ビールやワインなども取り扱っていますよね。

そんな南島酒販が、管理部事務スタッフ(正社員)を募集しています。

高卒以上でExcelの基本操作ができる方というのが応募条件ですよ。

月給は、170,000円?240,000円。

賞与は年に2回となっています。

人気の求人ですので、気になった方はぜひお早めにチェックされてみてください。

沖縄で転職するなら!30代~40代にオススメの求人情報!

次に、30代~40代の方に特にオススメの沖縄転職情報をご紹介したいと思います。

今までのスキルを活かせるオススメの求人がこちらです。

中部興産株式会社の一般事務及び経理事務(正社員)

賃貸管理業、マンション管理、不動産売買などを中心におこなっている、中部興産株式会社の求人です。

賃貸管理戸数、店舗数が沖縄県内最多となっている中部興産株式会社は、「生活提案型企業」を目指し日々躍進しています。

募集しているのは、一般事務及び経理事務の正社員。

デスクワークの経験がある30代、40代の方には特にオススメの求人です。

月給は、150,000円~220,000円。

家族手当などの諸手当も充実しています。

沖縄で転職するなら!50代~シニア(シルバー人材)にオススメの求人情報!

次にご紹介するのは、沖縄県内の50代~シニア(シルバー人材)にオススメの求人情報です。

沖縄県内では、シニアを対象にした求人も案外充実しているんですよ。

みさと保育園の用務員(アルバイト・パート)

沖縄市美里にある、認可保育園みさと保育園の求人です。

「シニア応援」の求人で、定年後の1959年~1958年生まれの方を積極的に募集されています。

直接子どもと関わる仕事ではありませんが、明るく、子どもがお好きな方はいかがでしょうか?
時給は、800円~850円です。

主に保育園内にある厨房のお手伝いや、園舎内外のお掃除を担当するお仕事で、特に女性の方が活躍されているようです。

沖縄で転職するなら!中途採用にオススメの求人情報!

次に、中途採用にオススメの求人情報をご紹介します。

中途入社が多い企業の求人がこちらです。

株式会社ウィルエージェンシーの採用コーディネーター(正社員)

人材派遣サービスをおこなっている、株式会社ウィルエージェンシーの求人です。

こちらの会社で働いている半数以上の方が中途入社ですので、中途でも安心感がありますよ。

予算や案件に合わせて、人材を採用するほか、営業などの仕事を任される場合もあります。

月給は、200,000円~350,000円となっています。

未経験者もOKですし、同じく中途入社をされた先輩が優しく仕事を教えてくれますので安心して入社することができそうですね。

沖縄で転職するなら!契約社員やアルバイトのオススメ求人情報!

最後に、沖縄県内の契約社員やアルバイトのオススメ求人情報をご紹介します。

まずは、契約社員の求人からです。

ほぐし家グループのリラクゼーションセラピスト(契約社員)

宮古島市内にある、ほぐし家グループの求人です。

もみほぐし、足つぼ、アロママッサージをはじめとしたボディケアをおこなうお仕事です。

経験者は優遇されますが、研修制度がありますので未経験の方でも積極的に採用されているんですよ。

月給は、180,000円~260,000円となっています。

お仕事は、週2回からでもOKなんですよ。

次に、アルバイトの求人を見てみましょう。

石垣果汁屋の販売スタッフ(アルバイト)

石垣市の730コート内にある石垣果汁屋の求人です。

石垣島のフルーツを使ったジュース・フラッペやソフトクリームを販売するお仕事です。

美味しいジュース・フラッペやソフトクリームに囲まれてお仕事ができますので、スイーツ好きの方に人気の求人です。

時給は、1,000円~1,200円となっています。

週1回からの勤務もOKです。

沖縄の転職情報まとめ!自分に合った転職先を探そう!

いかがだったでしょうか?
このページでは、沖縄県内の転職情報についてご紹介しました。

沖縄県内は、サービス業だけでなく事務職や営業職などの求人も充実しています。

また、シルバー人材に特化した求人などもありますので、定年後の転職の際でも安心ですね。

じっくりと時間をかけて、自分に合った転職先を探してみてくださいね。

沖縄県の男女の特徴や県民性から分かる転職事情

沖縄県は本土とは違い独特の文化がありますが、転職といったことに関してはどのような状況になっているのでしょうか?

沖縄県の県民性から見てみると「明るくて陽気」「楽天的に考える」「郷土愛が強い」といった特徴があります。

これらの県民性のなかでも「郷土愛が強い」といったことが沖縄県の転職事情とは大きく関わっていて、主に“転職Uターン”といったことが他の地域と比べても多く見受けられます。

沖縄から九州や本州の企業へ就職しても「やっぱり地元沖縄の企業で働きたい!」と思う人が多く、沖縄県は他の地域と比較しても転職Uターンの割合が多くなっています。

沖縄県の平均年収は一体どれくらいあるのか?

続いて、沖縄県の平均年収を少し紹介したいと思います。

沖縄県の2018年の平均年収はおよそ「369万円」といった数字が出ています。また、月の平均月収を見てみるとおよそ「26.5万円」といった数字です。これらの数字は、全国の平均年収や月収と比較してもかなり少なく、2018年の全国平均年収は「440万円」となっているので、それと沖縄県の平均年収を比較するとおよそ70万円も少ないことになります。

この大きな理由としては、沖縄県では主に観光産業に頼っていることが大きく、工業や商業といった産業に関してはやや貧弱です。

ただ女性の平均年収は年々増加していて、2010年の沖縄県の女性の平均年収はおよそ「273万円」でしたが、2018年の平均年収はおよそ「321万円」と50万円も多くなっています。

この要因はいくつか考えられますが、主に女性が正社員として働き始めたことが大きく、沖縄の企業ではアルバイトや派遣社員として働く女性を正社員として積極的に雇っていることが推測できます。

参考サイト:https://clabel.me/incomes/81147

本土に就職した沖縄県出身の転職Uターン率は?

沖縄県の平均年収は全国平均と比較するとかなり低い数字になっていますが、この数字は沖縄県の転職Uターン率にも影響しています。“転職Uターン”とは都市部に就職した人がその後地元企業に転職することを言い、転職サイトなどではよく使われています。

沖縄県の20代~30代の転職Uターン率はおよそ「5%~6%」といった数字で、他の地域と比較すると3ポイントほど低くなっています。この理由としてはやはり沖縄県の平均年収の低さが大きく影響しています。転職世代の20代~30代とった若者はできるだけ年収が高いエリアで転職したいと考えるケースが多く、あまり地元沖縄へは戻って来ないようです。

沖縄県の女性における転職状況や転職事情

続いて、沖縄県の女性の転職状況や転職事情について紹介します。

2013年の沖縄県の離職率はおよそ「47%」ととても高く、全国の離職率の31%と比較しても16ポイント以上も上回っています。そのため、女性の転職率も沖縄県では全国と比較しても高いものと推測できます。

また、この数字は2004年頃から並行していて、沖縄県の離職率の高さはそれほど改善されていません。この原因はやはり貰える給与が少なかったり、待遇があまり良くないことが考えられます。

参考サイト:https://www.okinawakouko.go.jp/sp/userfiles/files/20161222_jyakunenkoyo_kiko_01.pdf

スムーズに転職できる沖縄県で人気の転職支援サービス

場所 JOB ANTENNA宜野湾本社
住所 沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
最寄り駅・アクセス 宜野湾市立体育館から車で7分
地図 Googleマップで確認
詳細 「JOB ANTENNA宜野湾本社」は国道56号線の近くにあり、ショッピングセンターの「サンエー大山シティ」からは歩いて10分の距離です。沖縄県には転職エージェントといった転職支援サービスが豊富にありますが、求人数の多さと質を求めたいのであれば「JOB ANTENNA」がおすすめです。事務所は宜野湾市大山にあり、県内の求人総数は6000件以上も用意されてあります。

沖縄県でおすすめのハローワークは一体どの地域?

場所 ハローワーク沖縄
住所 沖縄県沖縄市住吉1-23-1
最寄り駅・アクセス 沖縄南インターチェンジから車で10分
地図 Googleマップで確認
詳細 「ハローワーク沖縄」は国道330号線の近くにある水辺公園の西側に位置しています。敷地内には労働基準監督署もあります。「ハローワーク沖縄」はやや奥まったところに施設があるため、初めての人はアクセスしにくいですが、沖縄市をはじめ宜野湾市、うるま市、北谷町といった合計7つの地域を管轄しています。安慶田のバス停からは歩いて約5分ほどです。
場所 ハローワーク那覇
住所 沖縄県那覇市おもろまち1丁目3−25
最寄り駅・アクセス サンエーメインプレイスから徒歩3分
地図 Googleマップで確認

沖縄県の転職先の待遇とは?残業手当や休日出勤手当はあるの?

ここまで沖縄県の転職事情についてさまざま紹介していきましたが、実際の沖縄の転職先の待遇も気になるところです。特に、残業手当や休日出勤手当といった手当などは転職活動では「事前の説明とは違う!」といったケースが多く見受けられます。

沖縄県の転職先の残業手当や休日出勤手当は概ねしっかりと出している企業が多いですが、なかにはサービス残業やサービス休日出勤といった形式をとっている企業もあるようです。

そのような企業はいわゆるブラック企業なので、転職先の企業としてはオススメすることができません。そのようなブラック企業に転職しないためにも、先ほど紹介した転職支援サービスやハローワークを利用することが重要です。

転職支援サービスやハローワークを利用すれば、ブラック企業に転職するリスクを最小限に抑えることができます。

沖縄県で転職した人の体験談をピックアップ!

最後に、沖縄県で転職した人の体験談を紹介します。

・20代 男性
転職エージェントを利用して転職しましたが、とてもいい転職先企業を紹介して頂くことができました。初めての転職だったので不安ばかりでしたが、今のところ特に不満もなく働くことができています。

・20代 女性
沖縄は求人数が多くないと思っていましたが、意外と求人数が多かったことにまず驚きました。ただ、基本給はそれほど高くないので、やはり本土に転職する人は何人かいましたね。

・30代 男性
転職するまでにかなり時間が掛かってしまいました。転職する前は「簡単に見つかるだろう」とかなり軽く考えていましたが、現実はかなり厳しかったですね。初めての転職活動でしたが、沖縄での転職がかなり難しいと身をもって実感しました。

沖縄県の転職就職求人エリア一覧

那覇市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、宮古島市、石垣市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、久米島町、八重瀬町、多良間村、竹富町、与那国町
















































鹿