転職サイト 【サガシタ】

神奈川県の横浜/川崎オススメ転職情報!年代別から解る求人募集とは

神奈川県の横浜/川崎オススメ転職情報!年代別から解る求人募集とは

神奈川県にある横浜や川崎の転職情報を整理

横浜や川崎は神奈川県の中でも人口が多く、とても栄えている都市として全国的に知られている地域ですよね。

横浜や川崎に住んでいる人は東京都で働くケースがかなり多いですが、もちろん横浜や川崎でも働き口はあります。

そのため横浜や川崎での転職を検討する人も、少なからずいるはずです。

そこで横浜や川崎の転職事情がどうなっているのか、各項目ごとに情報を整理していきます。

神奈川の二大都市である横浜と川崎の転職に関する求人状況について

まず神奈川の二大都市としてよく知られる、横浜と川崎の転職事情について掘り下げてみます。

横浜と川崎は多くの飲食店が建ち並んでいたりアミューズメントスポットがあったりなど、商業施設を中心にさまざま施設がありますよね。

それらの商業施設から、転職の求人募集が出されているケースが目立ちます。

商業施設は人を絶えず確保しなければいけませんから、これらの求人を中心に転職先を探すのは理に適った考え方です。

その業種はバラエティに富んでおり、飲食店の管理職、ウェブサイトの制作、小売店のプランナーなどが挙げられます。

また宅配や引越しやルートスタッフなど、ドライバー系の求人もかなり多いです。

それ以外では不動産会社の営業や生命保険会社のスタッフなどもあります。

そして離職率5%以下の優良求人も、横浜と川崎には多数あります。

離職率が5%に満たないわけですから、働きやすい職場だと推測することができますよね。

もしもなるべく長く働くことを希望して離職率の低さにこだわるのであれば、離職率の低い優良求人を優先的に探すのがおすすめです。

神奈川の横浜と川崎の転職先として人気があるオススメの仕事

仕事には適性がありますから一概にはいえないものの、オススメのお仕事が横浜と川崎にももちろんあります。

中でも全体的に人気が高いのは、土日をしっかり休めるタイプの求人です。

転職して新しい仕事に就こうとする場合、働き方を気にしないケースはあまいないですよね。

その中でも休日はとても重要な要素で、土日を休める求人は横浜と川崎で人気があります。

営業職や生保のコーディネーターや工場の製造スタッフやウェブ制作スタッフ、あるいは販売店の宅配スタッフやルート配送スタッフなどは、求人次第で土日がしっかりと休めるようになっています。

飲食店や引越しなどは土日がピークになりますので、これらは休みにくいところがどうしてもネックになってしまいます。

ですがそれらの以外だったら土日をしっかりと休める求人が横浜や川崎にはありますから、もしも土日休みにこだわるのであればこれらの求人を探すようにすれば希望が叶います。

平日はとことん働いて土日はしっかり休める、そんな求人は人気があっておすすめできる横浜や川崎の仕事です。

神奈川の横浜や川崎で30代から40代が転職するのにオススメな仕事

働き盛りと呼ばれる30代から40代は、転職をかなり前向きに考える年齢ですよね。

それまで働いてきたキャリアやスキルを活かしつつさらなる飛躍を目指して転職を決断するケースは、枚挙に暇がありません。

そんな30代から40代向けにオススメな横浜や川崎のオススメ求人は、飲食店の店長をはじめとした管理職への転職です。

飲食店はどこも人手不足にあえいでいますが、それは何もホールスタッフやキッチンスタッフだけではありません。

管理職も不足していて、経験のある人材を求めています。

そのためチェーン店を運営する会社が店長クラスの管理職を募集をかけていますが、それは横浜や川崎でももちろん同様です。

ホールスタッフやキッチンスタッフから仕事を覚えるとなったらもちろん大変ですが、すでに飲食店で働いた経験があって熟知しているなら飲食店の管理職へ転職するのはオススメです。

飲食店以外では、今までの仕事のノウハウを存分に活かせる営業や事務や製造のスタッフや、さまざまなジャンルのアドバイザー職が30代から40代にぴったりの求人です。

経験を活かして高収入を目指せますよ。

神奈川の横浜や川崎で50代以上が転職するのにオススメな仕事

もうすでに年齢が50代に到達している人が横浜や川崎で転職先を探す場合、何がオススメなのかは気になるはずです。

年齢がシニアに達していると求人はどうしても限られてきてしまうのですが、だからといってまったくないわけではありません。

たとえば清掃するのが仕事のクリーンスタッフは、シニア世代を対象としている求人が多いです。

清掃は確かな仕事ぶりと礼儀正しさが重視される仕事のため、シニア世代のように社会人経験豊富な人材を求める傾向があります。

また地道な仕事内容でもコツコツできるシニア世代の忍耐強さを期待されている点も、忘れてはいけないです。

さらにドライバーのスタッフももちろんシニアの転職先として人気があります。

そして横浜や川崎という地域に特化した、高速道路の料金所スタッフもシニア世代の転職先として求人サイト等で紹介されています。
シニア世代に達していると求人があるかどうか不安になりますが、シニア世代でも働ける求人は多いですよ。

神奈川の横浜と川崎の中途採用に関する転職状況

神奈川の横浜と川崎はどちらも大きな規模の都市ですので、新卒採用だけでなく中途採用の募集も盛んに行われています。

ですので横浜か川崎で中途採用の求人を探している人にとっては、それなりに恵まれた状況だといえるかもしれません。

新卒採用と違って中途採用に求められるのは、即戦力ですぐにバリバリと働けることですよね。

ですからどんな業種や職種を選ぶにしろスキルやノウハウがあると、転職するにあたって有利です。

製造スタッフのような技術系は特にそうですし、ネットで仕事をするウェブ制作スタッフや要領の良さが求められる配送スタッフなどもそうです。

スキルやノウハウがあれば、中途採用の転職は十分見込めます。

神奈川の横浜や川崎で契約社員やアルバイトに転職したい場合

横浜や川崎で契約社員やアルバイトに転職するなら、さまざまな業種や職種から仕事を選ぶことができます。

たとえばデスクワーク系の仕事だったら、人事、経理などの事務作業の仕事が契約社員やアルバイトでできます。

もちろん一般事務も含まれますので、事務が得意な人は契約社員やアルバイトで事務の仕事を探してみるといいですね。

また接客系が得意なら、飲食店のスタッフやアパレルのスタッフなども募集があります。

これらのスタッフも人手不足ですので、転職すること自体はそれほど難しくないはずです。

正社員ではないほうが、業種や職種にこだわった転職ができます。

神奈川の横浜と川崎の転職事情に関するまとめ

神奈川県の横浜と川崎はとても有名なエリアですが、それだけに転職先の選択肢はいろいろです。

転職したくても仕事がないと仕事探しにどうしても苦労してしまいますが、横浜と川崎ならよほど高望みしない限り希望の仕事に転職することは十分可能です。

ただ求人によって募集している人材のタイプは違いますし、年齢によっても採用は左右されますよね。

またどんなスキルやノウハウを有しているのかももちろん重要視されますので、それらをしっかり加味したうえで総合的に判断し、横浜や川崎の求人に応募するのがベストです。

神奈川県の男女特徴や性格または県民性

神奈川県の男女の特徴や性格、県民性についてお話ししていきましょう。

端的に言えば、あか抜けている性格です。

神奈川県の男性は自己主張が強めで流行を追いがち、女性は社交的でプライドが高いという傾向があります。

全体的に新しいものが好きな方が多い県民性であることから、神奈川県の地場産業も流行の先端を追うようなものが多い傾向にあります。

また、スタートアップ企業を志向する県民も多く、それに合わせて転職先の候補の中にそういったものが含まれてくることも少なくありません。

これ以外にもお洒落で男性も女性も、それぞれに依存することなく自立している県民性であるのも特徴として挙げられます。

いずれにしても華やかさを求める傾向にある県民性です。

神奈川県の平均年収について

神奈川県の平均年収は全国的に見て、非常に高い傾向にあります。

厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査(2018)」では、神奈川県の平均年収は5,531,903円という数字が算出されているのです。

全国の平均年収はおよそ400万円前半と言われているため、非常に高い水準の年収であることが分かるのではないでしょうか。

男女別に見ても男性は606万円、女性は431万円であり、いずれも全国水準をかなり高いレベルで超えています。

また、女性であってもフルタイムの方が多いため、男性との差も比率的には他県よりも差が少ない傾向があるのです。

全国平均に比べると大幅に低い傾向にある女性も神奈川県においては全国平均の年収と肩を並べる水準にあり、いかに高い年収がある男女が多い県であるかを知ることができるのではないでしょうか。

年齢別にみると順調に平均年収は上がっていき、55~59歳に至っては男性が786万円と全国でもトップクラスの水準になります。

このように額面だけ見ればとても平均年収の高い県です。

神奈川県の転職Uターンについて

神奈川県の転職Uターンは旺盛です。

元々神奈川県に本拠地を置く企業は非常に多く製造業もサービス業もたくさんあるため求人も豊富にあります
(事業所数は全国第三位)
商業も盛んで、利便性も高いため、東京に進学し就職しても転職は地元の神奈川という方は少なくありません。

ただ、これは県単位で見た場合であり、例えば政令指定都市でない神奈川県の市町村の出身者も転職Uターンで神奈川県に戻ってきたとしても、過半数が横浜市や川崎市、あるいは相模原市などの政令指定都市という傾向が見られます。

同じ神奈川県であっても都市部と郊外との格差はあり、市町村レベルで見ると完全な転職Uターンではない傾向が見られます。

そのため、政令指定都市以外の神奈川県の自治体では、完全なUターンを期待して様々な施策が行われているのです。

神奈川県の女性転職の状況について

一見求人数も多く魅力的な神奈川県ですが、近年は求人倍率が高くありません。

そのため、女性の転職も難しいエリアという側面があります。

確かに求人数が多いのですが、それに比例して人口も多く、転職志向の女性も多いことから求人倍率という数字で見ると全国ワーストクラスです。

男性も含めた数字になってしまいますが、2020年1月の有効求人倍率は1.08と、ついに全国最下位になってしまいました。

そのため、神奈川県の女性転職をしようと思うとかなり厳しい競争が待っているというのが現実であり、むしろ東京へ出て転職した方が有効求人倍率も高く希望が持てるというのが現状です。

求人数も多ければ、神奈川県で転職したい女性も多い、その結果地元で就職するのが難しくなっているのが神奈川県の女性転職の状況と言えます。

神奈川県の転職支援サービス情報

場所 株式会社マイナビ 神奈川支社
住所 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号JR横浜タワー 18F・19F
最寄り駅・アクセス JR横浜駅から徒歩1分 
地図 Googleマップで確認
詳細 国内大手の転職支援サービス、マイナビの神奈川支社です。日本企業の転職支援サービスとして人気があり、医療や介護、保育士などの専門職に関しても各業種ごとの転職支援を行っています。
場所 株式会社リクルートエージェント横浜支社
住所 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
最寄り駅・アクセス 横浜駅より直結徒歩3分
地図 Googleマップで確認
詳細 リクルートの転職支援サービスを展開する横浜支社です。大手にしかできない多数の転職案件の提案と転職支援を行っており、種類が多いので選べるメリットがあります。

神奈川県には多くの転職支援サービスがあります。

中規模のものから、地元専門のものまでありますが、東京に本拠地を持つ大手の転職支援サービスに人気があり、それらを利用して転職支援を受けるケースが多い傾向です。

そのため人気の転職支援サービスとして大手二社を紹介しました。

神奈川県の転職ハローワーク

場所 ハローワーク川崎
住所 神奈川県川崎市川崎区南町17-2
最寄り駅・アクセス JR川崎駅 東口36番出口より徒歩8分
地図 Googleマップで確認
詳細 川崎にあるハローワークです。製造業を中心に多くの求人を持っており、管轄は川崎市の中分部である川崎区、幸区だけでなく横浜市のうち鶴見区も管轄するなど広い範囲となっています。
場所 ハローワーク横浜
住所 神奈川県横浜市中区山下町209 帝蚕関内ビル
最寄り駅・アクセス JR関内駅南口より徒歩約6分・石川町駅北口より徒歩5分
地図 Googleマップで確認
詳細 神奈川県最大のハローワークです。横浜市の求人を集めるだけでなく、横浜港労働出張所という港湾関係の求人に特化した職場を紹介してくれる場所も設置しているのが特徴といえます。

神奈川県には数多くのハローワークがあります。

特に特に横浜市をカバーするハローワークはとても多く、ハローワーク横浜以外に港北、戸塚、横浜南の他川崎も横浜の一部を管轄しています。

それ以外は各都市に1~2箇所のハローワークを設置しているのが特徴です。

神奈川県転職の待遇 土日祝休み・手当など

神奈川県の転職の待遇は、基本的に手当などの収入面や福利厚生がしっかりしているケースが多く見られます。

関係官庁がしっかり監督している点や人口が多く社会労務士などの専門職が充実しているため、きちんとした管理が行われている企業が多いという点がその理由です。

ただ、土日祝休みに関しては完全とは言えません。

神奈川県全体が接客などのサービス業や観光業が盛んであり、最も売り上げが期待できる土日祝休みが難しいケースが多いからです。
しかし、それ以外の製造業などはきちんと設定されていることがほとんどであり、個人事業主や家族経営など非常に小規模な所以外は順守されているケースが他県に比べて多い傾向です。

手当に関しても平均年収が高いことからも分かる通り役職手当などが他県の水準に比べてかなり高めになっていますから、これも平均年収を上げている理由です。

職種によって土日休みが難しいのが事実ですが、そうでない職種はある程度期待できますし、手当なども期待できるエリアです。

神奈川県転職による悩みや体験談など

神奈川県の転職による悩みは、都市部と市町村との格差が大きいことです。

確かに横浜市や川崎市は多くの求人があり、転職しやすいエリアだと思います。

しかし、それ以外の町、例えば箱根町に住んでいる私は、選択できる職種は少なく観光業が多くを占めていました。

そのため、土日祝日の休みは期待できず、最初は観光業に就職して働いていたものの、土日休みが欲しくて、休みのために近隣の小田原市の会社に転職、通勤している状態です。

電車などの公共交通機関を利用しての勤務はかなり体力が削られますが、土日祝日の休みの会社を箱根町に求めるのは難しく我慢しています。

さらに待遇の良さを求めて転職を考えようと思ったとき、もっと通勤に時間がかかる川崎市などに行く必要も出てくるので非常に悩ましいことになっていると痛感しています。

ただ、川崎市から近い相模原市にお住いの方であれば通勤もしやすいですし、こういった格差による大変さはないと思います。

とにかく通勤が大変で、電車も都会ほど多くないので時間もシビアです。

神奈川県の転職就職求人エリア一覧

横浜市、鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、栄区、泉区、青葉区、都筑区、川崎市、川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区、相模原市、緑区、中央区、南区、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、葉山町、高座郡、寒川町、中郡、大磯町、二宮町、足柄上郡、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、足柄下郡、箱根町、真鶴町、湯河原町、愛甲郡、愛川町、清川村
















































鹿