転職サイト 【サガシタ】

岐阜県の転職先として地元に根ざした有力企業(機械メーカー)がなぜ有利なのか

岐阜県の転職先として地元に根ざした有力企業(機械メーカー)がなぜ有利なのか

岐阜の転職は地域の特色を活かして職種選びをしよう

岐阜県で転職するなら、岐阜ならではの産業を知った上で職種選びを行うと良いです。

なぜなら、岐阜県の立地条件は北部の自然豊かな環境により成り立つ観光業と、南部は愛知県と隣接した機械産業が盛んだからです。
繊維産業だけでなく機械工業の本社や支社が多数あるからこそ、技術開発部門から実際の生産部門まで多数の求人が行われています。
では、岐阜で転職をしようと思った時には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

岐阜で転職する際は求人状況の良さと裏腹な離職率の高さに注意する

岐阜県の求人状況は、有効求人倍率が全国平均よりも高い1.80%以上を維持しているので、転職先を探す際にも数多くの企業から選べる状況となっています。

求人数に対して転職希望者の数が不足しているからこそ、転職市場そのものが売り手市場と考えられるわけです。

しかし、求人状況の良さとは裏腹に、離職率は隣接各県よりめ高めという状況が生まれています。

なぜなら、岐阜県には地域ならではの独特な習慣が各企業ごとにあるので、地方ならではの濃い人間関係を苦手とする人にとっては就業内容以上に人付き合いの面で苦労してしまうからです。

実際にすぐに転職出来るからといって転職から3年以上継続勤務している人の割合が、周辺各県よりも低めとなっている点に注意しなければなりません。

未経験であっても転職先企業では積極的に受け入れている代わりに、採用段階からの絞り込みをさほど厳しくしていないために、雇用のミスマッチが生まれやすいことは確かです。

このため、少なくとも岐阜県にて転職する際には、自分に合った転職先かどうかの見極めをしっかり行う必要があります。

岐阜の求人で人気のお仕事はオススメ転職先を候補に入れよう

岐阜の求人を探してみると、転職先として製造業・サービス業・建設業・機械産業の求人が多いことに気が付きます。

技術を必要としない工場作業員やサービス業については、誰でも比較的スムーズに就業可能ですが給与面である程度妥協しなければなりません。

そこで、技術系へ進みたいと考えているならば、富士変速機や和井田工業といった機械メーカーを転職先候補として入れてみると良いです。

機械メーカーならば、製造部門だけでなく設計や研究部門も存在するので、キャリアアップ狙いの転職活動をおこないやすいと考えられます。

機械メーカーは、製造時に近隣の地元企業として部品メーカーが周辺に集まっているので、機械メーカーの下請けとして参加している部品メーカーも有力な転職先となるわけです。

30代~40代が岐阜で転職するなら機械メーカーがオススメ

未経験や技術系の職業へ転職したいならば、30代~40代のうちに岐阜に本社または支社がある機械メーカーを選択すると良いです。

機械メーカー本社だけでなく、関連する部品メーカーも転職先候補として入れることにより、転職先の幅が広がるだけでなく岐阜に根ざした地元企業への就職に繋がります。

社内研修制度が充実している企業が岐阜には多いので、日常業務を続けながらキャリアアップ形成も可能です。

ある程度勤続年数を重ねることにより、様々な部署を経験することが出来るので、最終的に定年退職を迎えた後も嘱託社員として勤務する道が残されています。

岐阜で転職したい50代~シニア(シルバー人材)はサービス業がオススメ

岐阜で転職したいと考えている50代以上は、今までの職種にこだわりが無ければサービス業を目指してみるとシニア世代となっても働き続けることが出来ます。

サービス業には飲食店だけでなく、ホテル業務や福祉事業といった複数の職種があるので、自分でやってみたいと考えている業務を選択すれば良いわけです。

高齢化社会を迎えている現状では、福祉事業に多数の人材確保が望まれているので、転職先としてある程度の体力さえあれば積極的な採用を行っている職種がオススメです。

有効求人倍率が高くなる傾向にあるからこそ、年齢を問わずに福祉や介護の業界へチャレンジしてみることが出来ます。

岐阜の転職は中途採用を決めてから住まいを探そう

岐阜県内での転職は、大都市とは異なり転職先を決めてから勤務先の近くへ住み替えを行う方法が望ましいです。

なぜなら、岐阜の転職では賃貸物件への入居条件として定職に就いていることが求められるからです。

UターンやIターン転職を狙う際には、多少面倒であっても先に転職先の内定を取ってから住まいを探すという手順を取らなければなりません。

実際に岐阜の転職先では、職場が南部に集中しているので限られたエリアの中で転職先と住まいを探すことになります。

中途採用者を積極的に募集している岐阜県では、人材の入れ替わりが比較的激しいので、キャリアアップ狙いならば次のステップを先に決めた上で転職することが望ましいです。

岐阜で転職するなら契約社員とアルバイトのどちらから入れば良いのか

岐阜で転職する際には、すぐに正社員が見つからないことが珍しくありません。

職歴の空白期間を埋めるために契約社員とアルバイトのどちらで一時的なしのぎを行えば良いのでしょうか。

ポイントとなるのは、社風を知った上で転職先として正社員応募したいならば、契約社員よりもアルバイトが向いている点です。

岐阜県の転職では、契約社員からの正社員登用制度は運用が少ないので、アルバイト勤務から正社員への転職を行った方が遥かに成功率が高くなっています。

なぜなら、アルバイト勤務を行い社風を確認した上で正社員としての入社試験を受ければ、採用見送りとなった時点ですぐに退職して次のアルバイト先へ移動出来るからです。

中には最初から2ヶ所のアルバイト先を見つけておき、正社員採用が行われたらアルバイトを辞めるといった方法が有効と考えられています。

企業にとっても契約社員の状態からの正社員登用制度は、必ずしも正社員採用されないからといってすぐに退社されてしまう心配がない分だけ正社員採用率が低いです。

このため、岐阜で転職先を探す際に社風を知る所から始めたいならば、アルバイト勤務経由で正社員採用試験を受けると良いです。

岐阜ならではの転職事情についてまとめ

岐阜県で転職先を探す際には、住まいよりも先に転職先を見つけることを優先しなければなりません。

正社員登用制度よりも正社員入社試験を受ける方が、遥かに短期間で正社員採用される可能性が高いです。

このため、正社員採用されるか分からないからといって契約社員から正社員登用制度を狙わずに、社風を知るためのアルバイト勤務をしつつ正社員登用試験へのチャレンジという方法が転職方法として失敗しない手段です。

岐阜県では機械メーカーが多いからこそ、技術系と製造部門それぞれの特徴を知った上で転職先を選ぶとキャリアアップに繋がります。

岐阜県の男女特徴や性格または県民性

岐阜県の男女の特徴をお話ししていきましょう。

岐阜県の男性は身内びいきでブランドや権威に弱い面があります。

そのため、新しいものや外部のものに対してやや抵抗を持ちやすく、リーダーや肩書のしっかりした人の言う事には従順です。

堅実なところもあり、転職は慎重に行う傾向があります。

女性は、やや地味で忍耐強い傾向です。

それでいて世渡り上手で好かれやすく、転職向きの性格と言えるのではないでしょうか。

特に岐阜の北部、飛騨エリアの女性は包容力もあり、転職した方に対してもきちんと対応してくれます。

これらの特徴から見える岐阜県の県民性は、やや自分本位に考えがちではあるものの、ひたむきに仕事などを中心に頑張る傾向があるとされています。

岐阜県の平均年収について

岐阜県の平均年収は、一言でいえば全国水準より高めです。

その金額は4,751,460円と算出され(厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」)ています。

これは400万円前半の日本の平均収入に比較すると、高めです。

若干の変動はあるものの年々収入は増加傾向にあり、日本の平均水準から高い方向に離れていっている傾向が見られます。

ただ、これは主に男性の傾向であり、女性は男性ほど収入の増加はしていません。

独特な傾向として、収入のピークに来るのが早いという点です。

他の都道府県では定年直前の55~59歳に平均年収のピークが来ます。

しかし、岐阜県では50~54歳と早い段階でピークがやってきて、それ以降は下がっていく傾向です。

女性に至っては更に早く、45~49歳でピークを迎えます。

こういった傾向から、労働者の市場価値も他の都道府県に比べて早くやってくることが示唆されるため、早めに転職を考慮する必要があるといえるのです。

岐阜県の転職Uターンについて

岐阜県の転職Uターンはやや厳しいものがあります。

それは冒頭の三大都市圏からの近さです。

この三大都市圏の近さというのは岐阜県の強みでもあるのですが、見方を変えれば労働人口の流出も容易という弱みがあります。

わざわざ転職でUターンするよりは、いずれかの都市圏で転職をした方が収入も多く選択肢も多いからです。

例え岐阜県にUターンしてきたとしても美濃エリアであれば、仕事はクルマや電車で30分程度の名古屋都市圏に転職先を求めてしまう傾向が見られます。

こういった事情から、仮に岐阜県に帰ってきたとしても仕事先は他県(主に愛知県)というケースもみられるため、岐阜県に帰ってきたら岐阜県で転職という転職Uターンがなかなかうまくいかないというのが現状です。

岐阜県の女性転職の状況について

岐阜県の女性転職の状況は、転職先を岐阜県内だけに求めないという傾向があります。

例えば、岐阜市や各務原市などは名古屋市への通勤圏であり、時に名古屋市周辺の都市など愛知県内にも求める傾向です。

飛騨地方の場合は女性も通勤の困難さや家庭などの事情から岐阜県内に転職先を求める傾向があります。

岐阜県内の女性の転職は事務職よりもサービス業や製造業と言った分野に多くの求人があり、身体を動かすような業務内容な多い傾向です。

これは岐阜県自体が製造業や観光などのサービス業が盛んであることが理由と言えます。

もし女性の転職で事務職を求めている場合は、愛知県など他県に求める傾向があります。

いずれにしても隣接する愛知県も視野に入れながら転職を考えられる岐阜のエリアもあり、比較的女性転職がしやすい県です。

岐阜県の転職支援サービス情報

・リージョナルキャリア 岐阜
・岐阜県岐阜市金町6丁目21番地 岐阜ステーションビル2階203号
・名鉄岐阜駅から徒歩3分
・岐阜県を中心に活動する地域密着型の転職支援サービスです。

創業11年を数える実績で、現在は隣県の愛知県や三重県へのネットワークも拡大を行っています。

・ジンサポ!ぎふ
・岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎 2F
・西岐阜駅から車で5分
・岐阜県中小企業総合人材確保センターが運営に参画する公的な性格を持つ転職支援サービスです。

地元の中小企業を中心に転職支援の強みを持っているのが特徴と言えます。

・マイナビ
・愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9階
・名古屋駅から徒歩1分
・全国に拠点を持つマイナビが運営する転職支援サービスです。

岐阜県にオフィスがないため、名古屋オフィスが担当しています。

全国展開しているためノウハウが豊富な転職支援を受けられるのが特徴です。

岐阜県の転職支援サービスは地元の転職エージェントの他、全国に拠点を持つ大手転職支援サービスや岐阜県が運営に参画する公的な性格を持った物など、多彩な転職支援サービスが存在します。

それぞれ強みを持っているため、これらの強みを知ったうえで転職支援を受ければ、より納得のいく転職をすることができるのではないでしょうか。

岐阜県の転職ハローワーク

・ハローワーク岐阜
・岐阜県岐阜市五坪1丁目9番1号
・名鉄田神駅より徒歩5分
・岐阜県最大の転職ハローワークです。

美濃エリアにサテライトオフィスをいくつか持ち、岐阜駅前にも設置しています。

県南部の転職の支援を行っているのが特徴のハローワークです。

・ハローワーク高山
・岐阜県高山市上岡本町7-478
・JR高山駅より徒歩20分
・岐阜県北部、飛騨エリアの転職を広くカバーするハローワークです。

・観光業も盛んなエリアなことから温泉地である下呂にもサテライトオフィスを持っているのが特徴と言えます。

岐阜県のハローワークは、このほか多治見、恵那、関、大垣など県南部に集中しています。
一見かなり偏った配置になっているように思われがちですが、人口のバランスを考えた場合、県南部にどうしても偏る傾向があります。
言い換えれば北部の方は高山のハローワークやそのサテライトオフィスを利用するなど選択枝が限られる傾向です。

岐阜県転職の待遇 土日祝休み・手当など

岐阜県転職の待遇や土日休み、手当についてお話ししていきましょう。

待遇に関しては基本的に中小企業の求人が多いため、福利厚生の面で大企業が多い都市部に比べると、やや悪い傾向です。

それでも必要最低限の待遇は維持されているので、そこまでひどいものではありません。

土日休みに関しては明暗が分かれます。

県南部は製造業が多いため土日休みがしっかりとれる傾向があるものの、県北部は観光業やサービス業、農業などの第一次産業が盛んな背景から不定休になることが多く、土日休みが確実に取れる職場は少ない傾向にあります。

平均年収でも触れましたが、役職に就くことが多い50代以降は年収が一気に上がる傾向です。

そのため役職手当などが充実しており、役職に就くことができれば、その手当だけでかなりの収入増が期待できます。

それ以外にも休日手当など基本的な手当がつくようになっていますから、それらの点も注目です。

全国的に見てとびぬけて好待遇ではありませんが、基本的な点においては水準を維持しているか、収入から見て若干良い傾向があります。

岐阜県転職による悩みや体験談など

岐阜県の転職の体験談ですが、南北の差、事務職は他県が強い、通勤は車が基本という印象でした。

各務原に住んでいるのですが、転職しようと思って内容を見たところ圧倒的に県内は南部の美濃エリアに集中している印象を受けました。

飛騨エリアにもあるのですが、観光関連業など土日休みが期待できない職場が多い傾向にありました。

求人内容に差があり南北の差を痛感しました。

基本的に事務職を希望していたのですが、岐阜県内には意外と少なく、愛知県にそれを求めた方が早い印象です。

各務原の場合、名古屋市も通勤圏として視野に入るため、事務職を考えている場合は県外に求めた方がいいかもしれません。

結局地元志向で市内の製造業に転職、最寄り駅は徒歩30分でバス停も停車時間などが期待できないことから車での通勤になりました。
自分で運転するのでやや疲れます。

ただ、社内にも広い敷地があるため、砂利ではありますがきちんと駐車スペースが確保されているのはうれしかったですね。

岐阜市内の場合は、個人的に月ぎめ駐車場を契約して私費で注射する必要があると友人から聞いていたので、郊外はこういった点で恵まれていると実感しています。

岐阜県の転職就職求人エリア一覧

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ケ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、北方町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町、白川村
















































鹿