転職サイト 【サガシタ】

香川の転職求人状況やキャリアを生かした大手企業の職探しとは

香川の転職求人状況やキャリアを生かした大手企業の職探しとは

香川で転職活動を行う場合に知っておきたいこと

讃岐うどんで有名な香川県は食品産業でもよく知られた地域ですが、建設機械や造船、自動車部品や電気機械などの産業も発達しています。

Uターンなどで香川で転職を行いたいという場合、こうした産業が盛んな香川には全国的に見ても求人ニーズが高いと言われています。

そこで、香川で転職を行う場合の求人状況や転職する場合に知っておきたいことなどについてこれから具体的にご紹介してみたいと思います。

香川の転職!離職率や求人状況はどうなっている?

香川県で転職をしたいという場合、離職率や有効求人倍率などの求人儒教について知っておくことは大切なことです。

香川では新規学卒者の離職状況については、卒用後3年以内に離職する人は中学、大学で全国より相対的に多い状況となっていると言われています。

また、3年以内に離職する人のうちで1年以内の離職を行う人は中学、短大、大学で全国より高い状況と言われているのです。

では求人倍率はどうでしょうか?ます。

求人倍率は、求職者1人あたりに対して、何件の求人があるかが示されている数字で、有効求人倍率が1より大きいなら、求職者よりも求人数が多い状況で、企業にとっては働き手が不足していることを示します。

香川の有効求人倍率は約1.8倍で、これは全国平均を大きく上回っていると言われ、求人倍率が高いといえます。

つまり、全国的な傾向と比較すると、企業がより多くの労働者を必要としているということと言えます。

そのため、香川で転職したい人には全体的に見てチャンスがあるといえます。

香川で転職する際の人気のお勧め求人はどんなものがある?

香川で転職をする場合にはどんな求人があるのでしょうか?そこで人気の求人などをご紹介してみたいと思います。

まず、香川にはどのような産業があるのかと言うと、建設機械や造船、自動車部品や電気機械などの分野で国内トップクラスの企業があるという産業特性があります。

これらの企業を中心に、金属加工や金型、溶接等を行っている企業がたくさんあるのです。

こうした高度な基盤技術を持つ企業や、化学・石油・石炭・非鉄金属といった基礎素材系の大規模工場がありますし、食料品などの産業もあります。

冷凍食品や調味料などの食料品系の会社がたくさんあります。

また讃岐うどんで有名な香川では飲食店などでも求人ニーズがあります。

これらの産業に関連した求人には多くの人が就いており、人気が高い仕事となっています。

香川は四国の玄関口で、高松市を中心に大手企業の支社や支店がたくさん集まっており、有効求人倍率も高めということなのです。

香川の30代~40代の転職はこれまでに関連する仕事がおすすめ

香川で30代~40代の転職におすすめの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

この点については、香川は建設機械や造船、自動車部品や電気機械などの国内トップクラスともいえる企業があり、発酵技術や品質・鮮度保持技術は産学ともにレベルの高い企業が集まっていると言われていますので、こうした産業の求人に応募して中途入社するということがおすすめです。

30代~40代で転職を行う場合には、これまでどのような仕事に携わって来たのかということが問われるという点が新卒就職と大きく異なる点です。

新卒であれば、ポテンシャルなどでの採用ということになると言えますが、ミドルの転職についてはこれまで取り組んできたことやその中でそのようなキャリアを積み、どのような実績を持っているのかといったことが採用の際に問われることになります。

したがって、過去の仕事の経験を活かした転職を行うという方法が転職活動においてはおすすめの方法になります。

香川の50代からシニアの転職におすすめの方法

香川の転職で50代~シニア(シルバー人材)のかたが転職活動をする場合はどのような方法で求人を探していくのがよいのでしょうか。

この点については、これまでの実績を活かせる会社か新たな分野への挑戦という視点で転職活動を行うことがおすすめです。

50代であれば管理職に就いている方もいらっしゃると言えます。

そうした経験が活かせる仕事を探すということもポイントですし、定年退職後の仕事探しであればハローワークなどの公的機関に足を運んで相談することをお勧めします。

ハローワークでは、60歳以上の転職希望者を対象としたシニアコーナーが設けられているところもあり、60歳以上のシルバー向け求人の詳しい情報を得られるようになっているところもあります。

さらに、求人情報の提供だけでなく、シルバー世代の再就職に役立つ資格取得ができる講座やシルバー世代向けの就職活動セミナーなども開催されていますので、そうした機会を活かして転職活動を行うこともおすすめです。

香川の中途採用転職の方法について知ろう

香川で中途採用という形で正社員転職するという場合には、ハローワーク等に寄せられる求人情報などを探すという方法があります。
しかし、できるだけ自身に合った求人をより丁寧に探しながら転職活動を行いたいということもあるのではないでしょうか。

そのような場合には転職サイトなどを活用するという方法もあります、事前に希望の職種やこれまでの職歴などを登録しておくことで、スカウトという形で求人情報を受け取ることができるようになります。

スカウトでは登録情報を見て興味がある転職者に対して企業がアプローチを行ってくれますので、自身で応募するのと比較するとより就職の可能性が高いと言えます。

このような方法を活用しながら探すのがおすすめです。

香川の転職には契約社員やアルバイトで働く方法もある

なかなか自身に合った仕事に就きにくいという場合や家庭と仕事を両立させる必要があるといった場合には契約社員やアルバイトで働くという方法もあります。

正社員ならなかなか就きにくい仕事も契約社員やアルバイトなら就きやすいということもあると言えます。

契約社員などは期間が決められており、その中で与えられた責任を果たすという働き方ができます。

また、アルバイトは時間があらかじめ決められているので、小さなお子さんなどがいる方が働きやすいようになっており、こうした仕事に就くという方法もあります。

正社員よりも責任が軽いので気持ちら楽という人も多い働き方になります。

また、正社員だと仕事に就きにくいという方もアルバイトであれば就きやすいというメリットなどもあります。

香川は全国的に見ても求人市場は活況な傾向がある

Uターンなどで香川で転職活動を行うという場合、求人状況も全国的に比較すると良いと言えます。

香川には建設機械や造船、自動車部品や電気機械などの分野で国内トップクラスの企業があり、香川で転職をする場合にはそうした業種で転職活動を行うと仕事を探しやすいと言えます。

転職を行う場合、正社員という雇用形態だけでなく、契約社員やアルバイトという雇用形態などもあります。

それぞれメリットとデメリットはありますが、正社員であれば働きにくいという場合でも期間的・時間的な融通が利きやすいこれらの仕事を検討すると求人の幅も広がり、仕事にも就きやすいと言ったメリットなどがあります。

いろいろと情報を集めておくようにしましょう。

香川県の男女の特徴や県民性から分かる転職事情

”讃岐うどん”や”あん餅雑煮”などで有名な「香川県」は、転職する20代~30代が多いと聞きますが、実際にはどうなっているのでしょうか?こちらの記事では、香川県の転職事情についてさまざま紹介していくので、今まさに転職を考えている人は参考にしてみて下さい。

まずは、香川県の男女の特徴や県民性といったことから見ていきましょう。香川県の人たちはどちらかというと「やや飽きっぽい」「仲間意識が強い」「保守的で変化を拒みやすい」といった県民性があります。

男女共にこのような県民性があり、転職事情にもやや影響しています。特に「やや飽きっぽい」といった県民性は転職事情に影響していて、就職してもあまり長続きしなくすぐに辞めてしまい、その後は転職活動を繰り返してしまう20代や30代がよく見受けられます。

香川県の平均年収は一体どれくらいあるのか

続いて、香川県の平均年収について紹介していきます。今回参考にするのは「年収ラボ」というサイトで、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」による平成25年のデータになります。

香川県の平均年収は「434万円」という金額で、47都道府県のなかでは20位という順位です。同じく平成25年の全国平均の年収は「469万円」という金額になっているので、香川県の平均年収は全国平均よりもやや少ないことになります。

ただ四国地方に限って見てみると香川県の平均年収は群を抜いて高く、香川県に次いで平均年収の多い徳島県でも「405万円」といった金額です。また、愛媛県は「398万円」で高知県は「366万円」といった平均年収になっています。

香川県の平均年収は全国平均よりはやや少ない金額になっていますが、他の徳島県、高知県、愛媛県といった四国3県と比較すると大きく引き離しています。

都市部に就職した香川県出身の転職Uターン率

香川県の平均年収は全国平均よりはやや少なくなっていますが、四国4県のなかでは最も高くなっています。そのため、香川県では「転職Uターン率」も他の地域と比べてもやや特徴的です。ちなみに「転職Uターン率」とは、都市部に就職した人が、地元に戻って転職する割合のことです。

一般的に平均年収が少ない地域では「転職Uターン率」はそれほど高くなることはないですが、香川県では徳島県や愛媛県からの転職Uターンしてくる人が多く、その割合は高くなっています。

全国平均の転職Uターン率の数字は5%前後と言われていますが、香川県の転職Uターン率は7%~8%とやや高い数字になっています。

香川県の女性における転職状況や転職事情

香川県の転職Uターン率は他の地域と比べてもやや高い数字になっていますが、女性の転職事情はどうなのでしょうか?

香川県の女性はやや転職活動には消極的で、それほど積極的には転職活動をしていません。特に郊外地域の企業に勤めている香川県の女性は転職することが少なく、同じ職場に留まる女性が多くなっています。

県庁所在地がある高松市には大手企業などが豊富にあり女性も転職しやすい状況にはなっていますが、その他の地域になってしまうと企業数は少なく、転職するにも希望通りの職場を見つけることがかなり難しくなっています。

そのため、香川県の女性の転職活動は全国と比較してもやや消極的になっています。

スムーズに転職できる香川県で人気の転職支援サービス

場所 ランスタッド高松支店
住所 香川県高松市番町1-6-8高松興銀ビル8F
最寄り駅・アクセス 高松市役所から徒歩1分
地図 Googleマップで確認
詳細 「ランスタッド高松支店」は高松市役所のすぐ側にあり、歩いて約1分ほどです。市役所の北東方向にある高松興銀ビルの8階に事務所があります。香川県には数多くの転職支援サービスがありますが、転職先の求人数が豊富にありオススメなのは「ランスタッド高松支店」です。主な求人の職種には、事務職、接客、コールセンター、製造といったものが多くなっています。

香川県でおすすめのハローワークは一体どの地域

場所 ハローワーク高松
住所 香川県高松市花ノ宮町2丁目2−3
最寄り駅・アクセス 栗林公園から徒歩3分
地図 Googleマップで確認
詳細 「ハローワーク高松」は高松市花ノ宮町2丁目にあり、最寄り駅は栗林公園駅です。栗林公園からは徒歩3分ほどです。香川県の転職の際にはハローワークが便利に利用できますが、オススメのハローワークは高松市花ノ宮町にある「ハローワーク高松」です。職業相談受付から申し込み、その後は職業相談と会社訪問といった流れで転職活動を広く支援してくれます。

香川県の転職先の待遇とは?残業手当や休日出勤手当はあるの?

香川県は四国地方のなかでも平均年収が最も高い地域ですが、転職先の待遇はどうなのでしょうか?続いて、香川県の転職先の残業手当や休日出勤手当といった待遇について紹介します。

香川県のなかでも企業数が多いのはやはり高松市になりますが、高松市内にあるほとんどの企業で残業手当や休日出勤手当といった手当はしっかりと支給しています。20年ほど前まではそれらの手当を全く出さない企業が高松市内ではやや多かったですが、今ではそのような企業の方が珍しくなっています。

ただ、香川県でも郊外地域の企業などになるとまだまだ残業手当や休日出勤手当といった手当をださない企業が存在しています。そのため、香川県でも郊外地域に転職する場合には残業手当や休日出勤手当といった手当を出してくれるのかどうかを、しっかりと事前確認しておく方がいいでしょう。

香川県で転職した人の体験談をピックアップ!

ここまで香川県の転職事情についてさまざま紹介していきましたが、最後に香川県で転職した人の体験談を見てみましょう。実際に香川県で転職した人はどのような感想を持っているのでしょうか。

・20代 女性
職場の経営状況が芳しくないので、思い切って転職を決意しました。今は転職エージェントを通して転職活動をしていますが、やはり今すぐに転職することは難しいですね。何とか早く転職先を見つけ出したいです。

・30代 男性
職場の人間関係に疲れてしまい、転職活動をしています。在職中での転職活動は初めてのことですが、予想以上にとても大変です。気になる求人があっても面接までたどり着くことすらできないことが多いですね。

・30代 女性
転職するまでにおよそ2ヵ月ほど掛かってしまいましたが、納得いく職場に移ることができて満足しています。以前の職場は雑用ばかりが多く、将来性などは全くありませんでした。

香川県の転職就職求人エリア一覧

香川県、高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、小豆郡、土庄町、小豆島町、木田郡、三木町、香川郡、直島町、綾歌郡、宇多津町、綾川町、仲多度郡、琴平町、多度津町、まんのう町
















































鹿