転職サイト 【サガシタ】

宮城仙台の転職事情とオススメ仕事を注意点と地域特有の求人状況とは

宮城仙台の転職事情とオススメ仕事を注意点と地域特有の求人状況とは

【宮城仙台の転職事情】東北の中心都市で転職市場にも活気

宮城県は東北地方で唯一の政令指定都市となっている仙台市があるせいか、東北6県で人口が最も多く転職先としても有利な地域です。

特に仙台市は上場企業の本社が少なくない上に、東京に本社を置く大手企業の多くが仙台支社を設置しています。

東北地方の経済を担う宮城仙台の転職事情について、年代別にオススメの仕事や中途採用の注意点も含めた最新情報を詳しく解説します。

【宮城仙台の転職事情①】県内の離職率と最新の求人状況

仙台市を中心とする宮城県で転職が活発な事実を示すデータとして、離職率の高さが挙げられます。

宮城県全体の離職率は国が行った2017年の調査で4.8%となっており、47都道府県の中では32位でした。

この数字だけを見ると宮城県の離職率は全国平均より低いと言えますが、全般に離職率が低い東北地方の中では最も高くなっています。

一方で宮城県の有効求人倍率は1.61倍で全国平均の1.57倍を上回り、東北地方ではトップの数字です。

宮城県は人口100万人規模の仙台市を擁するだけに東北地方でも離職する人と職を求める人がともに多く、転職市場が活性化している事実が以上のデータから推察できます。

とは言え東京都に比べると離職率では大差ないのに対して有効求人倍率は低めで、業種によっては宮城仙台での転職が難しいケースもある点には注意が必要です。

【宮城仙台の転職事情②】求人数の多い業種と人気の仕事

宮城仙台の求人を探している人には市内の職場で現在働いている人だけでなく、他の地域からの移住を前提とした転職を検討している人も含まれます。

そうした人たちは東京などの大都市圏から宮城県へのUターンやIターンを希望している人と、東北地方の他県から仕事を求めて仙台市への移住を希望している人に大きく分けられます。

IT企業を積極的に誘致してきた仙台市にはメルカリや楽天など大手企業も次々と進出しており、東北地方の他県と比べて情報通信業に属する企業の求人が多い点は見逃せない特徴です。

小売業や宿泊業・飲食サービス業なども含め、東北地方の他県で求人数が決して多くないような業種が宮城仙台で人気を集めています。

一方で東京からのUターンやIターンを目的に宮城仙台へ転職しようとして、それらの業種で東京より求人が少ない点に戸惑う例も少なくありません。

宮城県で東京よりも有効求人数の割合が多い業種としては、全体の約20%を占める医療・福祉関連や約12%の建設業、約8%の製造業などが挙げられます。

【宮城仙台の転職事情③】30代から40代にオススメの仕事

仙台市や宮城県で転職しようとする際には、年代ごとに異なる求人状況も知っておく必要があります。

宮城県で募集されている求人でも30代から40代になると、20代と違って経験が求められるケースが増えてくるのです。

どの職場でも30代以上で採用される人は即戦力としての期待を背負うことになり、後輩や部下に対する指導力やマネジメント能力も重視されてきます。

実際に宮城県で募集されている30代や40代の求人には、どの業種でも管理職が多く見られます。

事務や経理といった女性に人気の職種は仙台市でも求人数が限られますが、介護関係や看護師・薬剤師など医療関係の求人は30代以上でも少なくありません。

宮城仙台では医療・福祉関連の他、IT企業や金融関係なども30代から40代の転職先としてオススメです。

【宮城仙台の転職事情④】50代からシニアにオススメの仕事

いかに求人数が多い仙台市でも、50代以上になると正社員を募集する求人は大幅に減ってしまいます。

特に60代以上のシニアはよほどの経験がないと、正社員としての転職は厳しいと言わざるを得ません。

東京などの大都市圏なら50代以上で正社員を募集する求人も珍しくありませんが、宮城県内では飲食サービス業や運輸業などに業種が限られてくるのです。

一方では50代やシニア世代でも正社員にこだわらなければ、宮城県内で募集されている求人数が倍以上に増えます。

雇用形態としてはパートやアルバイトといった形になりますが、事務や小売業・製造業なども含めた幅広い業種が転職先の候補です。

60代以上でも看護師や薬剤師・介護士などの資格を持っていれば転職先が見つかりやすいため、宮城県のシニア世代に人気の職種となっています。

【宮城仙台の転職事情⑤】中途採用の多い業種と注意点

仙台市に本社を置く企業の中には知名度の高い大企業もありますが、従業員数が数百人以下の中小企業が多くを占めています。

新卒採用が中心で中途採用が少ない大手企業と比べ、そうした中小企業は中途採用にも積極的な点が特徴です。

東京などの大都市圏では中小企業から大企業に転職して年収アップを目指す人も少なくありませんが、宮城県で大企業に転職するのは東京以上に狭き門となります。

仙台市で中小企業が多いのは建設業や製造業・小売業・サービス業といった業種で、求人数が多い医療・福祉関係なども転職が決まりやすい業種です。

とは言え平均年収が高い東京からのUターンやIターンで宮城県内に転職しようとする場合、年収アップにつながりにくいという点には注意を要します。

宮城仙台の求人に強い転職エージェントを利用し、好条件の非公開求人を紹介してもらった上で転職に成功した場合はその限りでもありません。

【宮城仙台の転職事情⑥】契約社員やアルバイトの求人状況

契約社員やアルバイトなどの非正規雇用を視野に入れれば、50代以上でなくても宮城県内の求人数が一気に増えて転職しやすくなります。

全般に正社員以外の求人が多いのは、医療・福祉関連や小売業・飲食サービス業・宿泊業といった業種です。

30代以上の正社員求人は仕事の経験を要する例が大半ですが、契約社員やアルバイトなら未経験者歓迎の求人も少なくありません。

これまでとはまったく違った仕事にチャレンジしてみたいという目的での転職を考えている人は、契約社員やアルバイトからスタートしてみるのも1つの手です。

その場合は将来的に正社員への登用も可能な会社を選ぶことで、安定した雇用につながりやすくなります。

宮城仙台の転職事情まとめで年収アップを実現する条件

宮城県は東北地方で最も多くの企業が集中する仙台市を中心に求人数が多く、求職者に対する有効求人倍率も全国上位の数字です。

したがって東北地方の各県から宮城仙台へと転職しようとする場合には、年収アップやキャリアアップの実現確率が高くなります。

東京からのUターンやIターン目的で宮城県に転職する場合は年収アップにつながりにくいとは言え、東京より家賃や物価が安い点を考えると転職の意義は決して小さくありません。

特に大手IT企業の進出が相次ぐ仙台市では東京との格差も縮小傾向で、今後は平均年収の向上も期待されます。

平均年収の高い優良企業は非公開求人の形で中途採用者を募集する例が多いだけに、エージェントを利用したかどうかによっても転職後の年収が大きく違ってきます。

宮城県の転職就職求人エリア一覧

仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、刈田郡、蔵王町、七ヶ宿町、柴田郡、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、伊具郡、丸森町、亘理郡、亘理町、山元町、宮城郡、松島町、七ヶ浜町、利府町、黒川郡、大和町、大郷町、大衡村、加美郡、色麻町、加美町、遠田郡、涌谷町、美里町、牡鹿郡、女川町、本吉郡、南三陸町
















































鹿