転職サイト 【サガシタ】

福井の転職は自分の価値を高める仕事場で磨いて給与待遇がグーンと上がる!

福井の転職は自分の価値を高める仕事場で磨いて給与待遇がグーンと上がる!

福井で転職する時にはどのように仕事を探すのがいい?

福井でも転職を希望する人によって転職活動が行われています。

福井では製造業や卸売業、小売業や医療、福祉産業などに多くの人が就いていますので、こうした仕事を選ぶと求人数も多く、転職しやすいと言えます。

そこで、福井で転職を行う場合、どのような方法で転職活動を進めるのかという点についてこれからご紹介してみたいと思います。

福井の転職はどうなっている?離職率や求人状況など

福井では製造業や卸売業、小売業や医療、福祉産業などに就く人が多いと言われ、有業者のうちで転職を希望する者の割合は約8.8%で、有業者のうち、現在の仕事から他の仕事に変わりたいと思っている人の割合は、全国の10.1%と比べると低いと言われます。

転職希望率が男性7.7%、女性が10.0%と、女性のほうがやや高く、年齢別では男性は20~24歳、女性は25~29歳で高くなっているようです。

さらに、実際に転職する人の転職率は4.6%、離職率は3.2%、また、再就職率は58.9%とされ、転職を行う人も転職を希望する人も若い年齢で多くなっているということです。

転職先には福井で就いている人の多い製造業や卸売業、小売業や医療、福祉産業などの仕事を選ぶことが多くなっており、転職希望の理由では収入が少ないが最も多く、現在の仕事で満足できない部分などを更に充実させるための転職を考える人が多いということです。

福井の転職でオススメの求人やお仕事はどうなっている?

福井の転職でオススメの求人はどのようなものがあるのでしょうか。

福井でおもな産業として実際に仕事に就いている人が多いのが製造業や卸売業・小売業や医療・福祉産業の仕事です。

大分類別に有業者をみると製造業が全体の22.3%と最も多く、続いて卸売業・小売業が14.9%、医療・福祉12.4%となっています。

そのため、福井で転職を行うという場合にはこれらの業種の求人を選ぶことでより転職しやすいと言えます。

また、転職を行う場合、給与面を理由としている場合には正社員としての仕事を探すことがオススメです。

他の雇用形態であれば、正社員よりも給与面での待遇はあまりオススメではありませんのでこの点は注意が必要です。

正社員が給料面で優れているのは、期間が限定されない雇用であるということが挙げられます。

また、賞与なども支払われ、パートやアルバイトと比較すると年収は高くなります。

したがって、転職は正社員から探していくことがオススメです。

福井の転職活動で30代~40代にオススメの転職方法

福井の転職で30代から40代の方が転職を行う場合にオススメなのが、自身のキャリアを活かした形での転職です。

30代から40代の方が転職を行う場合、中途採用枠に申し込むという方法です。

中途採用は即戦力として採用されるため、これまでの経験を活かした転職となることが多いのです。

したがって、在職中に自身の転職市場での価値を高めるための実績作りはとても重要になります。

実績を活かして活躍してきたけれども、残業が多かったり、休日が休みにくかったりするなどの点を改善したいという理由などから同じ業種で転職活動を行う人も多くいるのがこの世代の人々の転職の特徴でもあります。

そのため、福井で30代や40代の方が転職を行う場合、自身のキャリアを活かせる仕事を探すことがオススメで、そうした求人数を多く得られるように様々な機会に求人を得られるようにしていくことが大切です。

転職サイトなどを活用すると非公開求人についても応募可能になります。

福井の50代やシニア層の人々にオススメの転職方法

福井で50代からシニアの方が転職を行う場合、どのような転職活動がオススメなのでしょうか。

この点についてはどのような働き方を希望するのかによると言えます。

例えば、50代の管理職の方が転職を考えているという場合には、マネージャー層の求職者を対象とする転職エージェントでスカウトを受けるという方法がオススメです。

これまでのマネージメント経験を活用して、より活躍ができる仕事を求めて転職活動を行うことができますし、独立して自身で会社を立ち上げるという場合には自身の経験やネットワークを基にして仕事を行っていくことができるでしょう。

また、フランチャイズという形で独立するという方法などもあります。

定年退職を行ったシニアの方が再就職先として仕事を探す場合にはこれまでの職場で新しい就職先を紹介してもらったり、ハローワークやアルバイト情報サイトなどを活用するという方法があります。

フルタイムで働きたいのか、アルバイトでいいのかなどを明確にして仕事探しをしましょう。

福井の転職では中途採用枠で転職する方法がある

福井で転職を行う場合、これまで正社員で働いてきたという方は中途採用の正社員枠を探してみましょう。

中途採用で仕事を探す場合には、これまでのキャリアを活かして即戦力として採用されるという流れが多いです。

そのため、残業が多かったり、休みがとりにくい、給料が少ないと思われるといった場合、いくつかその理由を絞ってからその理由がカバーされる新しい転職先を探すことがオススメです。

中途採用ではこれまで自身が築いてきた実績やキャリア、ネットワークなどが活かせることが多いので、できるだけ前向きに考えながら仕事を頑張っておくことが大切です。

また、不満で転職するよりもより前向きな理由で転職するという方が新しい職場で活躍できると言えますので、転職前にそうした点も転職の準備と考えて仕事を頑張っておくことがオススメです。

福井の契約社員やアルバイトでの転職について

福井の転職で契約社員やアルバイトとして転職する方法もあります。

この方法は、正社員をしていたけれども介護などで仕事を辞めなければならなくなったなどの理由で選ぶ人も多いと言えます。

また、子育てなどで忙しく、フルタイムで働けないといった方などにも選ばれている働き方です。

どちらも非正規雇用という働き方になりますが、自身のライフスタイルに応じて柔軟に仕事をすることができるといった点で子育て中などの方や定年退職をしたシニア層などにも人気がある働き方になります。

福井で転職を行う場合にはどのように転職活動すればいい?

福井で転職するという場合、転職しやすい業種などがあり、実際に多くの人が働いている分野であれば新しい仕事を探しやすいでしょう。

転職する場合、どのような雇用形態で新しい仕事に就くのかということを決めておくことが大切です。

正社員をしていた場合は正社員を探すという方法がありますが、アルバイトや毛訳社員などであればもう少し余裕を持った働き方ができるかもしれません。

給料面などとのバランスを見ながら決めていくことがオススメです。

福井県の男女の特徴や県民性から分かる転職事情

福井県にはさまざまな観光地や地元の美味しい食べ物がたくさんありますが、今回は福井県の転職事情にフォーカスしたいと思います。

福井県の男女の特徴や県民性といったことから見てみると「マイペースでのんびり」「仲間意識が強い」「節約が好きで倹約家」「自宅にこだわりを持つ」といったものがあります。全ての福井県民に当てはまる訳ではないですが、このような人が福井県では多く見受けられます。

これらの県民性は転職事情にも大きく影響していて、仲間意識が強い福井県では転職しても元の職場の人間とはできるだけ関係を続けようとします。一般的に、転職してしまうと元の職場の人間とは縁が切れてしまうものですが、福井県では転職しても縁が切れないままのケースが多いです。

福井県の平均年収は一体どれくらいあるのか?

福井県の県民性は転職事情とも大きく関わっていますが、実際の平均年収といった金額はどのようになっているのでしょうか?続いて、福井県の平均年収を見てみましょう。

2018年の福井県の平均年収の金額はおよそ「429万円」といった数字で、全国平均と比較するとやや少ない金額になっています。2018年の全国平均の年収金額はおよそ「440万円」なので、それと比較すると10万円ほど福井県の平均年収は少ないことになります。ただ、全国平均とはそれほど大きな開きはありません。

また、福井県の平均月収を見てみると「29.5万円」といった数字なので、こちらも全国平均と比較してもそれほど大きな開きではありません。そして、福井県と同じ北陸三県の富山県・石川県の2018年の平均年収と見てみると、富山県では「447万円」で、石川県では「448万円」といった金額にそれぞれなっています。北陸三県の平均年収をそれぞれ比較してみると、福井県が最も低くなっていることが分かります。

参考サイト:https://clabel.me/incomes/81107

福井県の転職Uターン率は?都市部に就職した人の出戻りをチェック!

続いて、福井県の「転職Uターン率」を見てみましょう。転職Uターン率とは、東京や大阪といった都市部に就職した人が、その後になってから地元企業に転職で戻ってくる人の割合のことです。

一般的に転職Uターン率の割合は5%~10%程度と言われていて、それほど高い数字になることはありません。転職Uターンをするケースは、地元企業に貢献したい人などが主になります。

福井県の転職Uターン率はおよそ5%前後といった数字です。例えば、20人が東京の企業に就職したとすると、福井ではおよそ1人~2人ほどしか地元企業には転職しないことになります。

やはり、福井県では平均年収がやや低く、一度都市部に就職してしまうとよほどのことがない限り、地元に戻ってまで転職活動はしないようです。

福井県の女性における転職状況や転職事情

福井県では転職Uターン率が低く、一度都市部に就職してしまうと地元企業への転職は積極的に行われていません。ただ、女性の転職Uターン率は男性と比較するとやや高く、福井県の女性は都市部の企業に就職したとしても、地元で転職するケースが見受けられます。
主に農家出身の女性などがそのようなケースになることが多く、将来的に家業の引継ぎを見据え地元福井で転職活動する女性などが目立っています。

また、福井県の女性の転職率は全国平均と比較してもやや高く、大学卒業から5年以内にはおよそ10%の人が転職しています。これもやはり年収に対しての低さが大きな原因として考えられます。

スムーズに転職できる福井県で人気の転職支援サービス

場所 福井転職支援センター
住所 福井市新田塚1-25-18 aoiビル3F
最寄り駅・アクセス 新田塚駅から徒歩10分
地図 Googleマップで確認
詳細 「福井転職支援センター」は芦原街道沿いにあり、新田塚交差点の近くに施設があります。近くには「福井新田塚郵便局」があります。福井県でもスムーズに転職できるオススメの転職支援サービスは株式会社キャリアネットワークが運営している「福井転職支援センター」です。福井転職支援センターには福井県内にある企業の正社員や派遣社員の求人が豊富にあり、専任のコンサルタントスタッフがフルサポートしてくれます。

福井県でおすすめのハローワークは一体どの地域?

場所 福井ヤングハローワーク
住所 福井県福井市西木田2丁目8-1
最寄り駅・アクセス 福井駅から車で12分
地図 Googleマップで確認
詳細 「福井ヤングハローワーク」は足羽山の麓近くにあり、福井駅からは車で10分ほどです。施設内には商工会館や福祉センター庁舎などがあります。福井県のハローワークのなかでも20代~30代といった転職する世代にオススメなのは「福井ヤングハローワーク」です。 福井ヤングハローワークではパソコンを使って自分の条件に合った転職先を探すことができ、さらに職業適性なども調べることができます。

福井県の転職先の待遇とは?残業手当や休日出勤手当はあるの?

福井県には先ほど紹介したような質の高い転職支援サービスが豊富にあり、自分に合った転職先が探しやすくなっています。ただ、実際に転職した際には残業手当や休日出勤手当といった待遇の良し悪しも重要です。

これは、転職先によって待遇が異なってしまうので、残業手当や休日出勤手当といったものがきちんと出るかどうかは転職先の企業しだいになってしまいます。そのため、福井県の転職先の待遇がどのようになっているかは一概に言い切ることができません。

とは言え、福井県では以前よりもブラック企業と言われている悪質な企業は徐々に少なくなっているので、手当などが事前に聞いていたものと大きく乖離しているといったケースは減ってきています。

また、基本給といったものも先ほど紹介した転職支援サービスなどを利用すれば、自分に合ったところを選ぶことができます。

福井県で転職した人の体験談をピックアップ!

今回は、福井県の転職事情についてさまざま紹介していきましが、最後に福井県で実際に転職した人の体験談を紹介します。今まさに福井県で転職を検討している人は、実際の転職者の苦労や体験を知っておいた方がいいでしょう。

・20代 男性
私が転職をしたのは今から約半年ほど前になります。転職の理由は、仕事のやりがいを感じることができなかったからです。主に営業の仕事をしていたのですが、お客さんと接する機会がとても少なく、ほとんどメール対応ばかりでした。そのため、もっと生身の人間と接することのできる仕事を見つけたいと思い、今の企業に転職しました。転職活動で苦労したのは、基本給の条件が見合わなかったことですね。

・30代 男性
30代にして初めての転職活動でしたが、かなり苦労してしまいました。転職エージェントにも登録したので、スムーズに行くかと思っていましたが現実は厳しかったですね。特に、給与や賞与が少ない企業ばかり紹介されてしまい、なかなか納得することができませんでした。ただ、今はそれらの待遇が良い会社に転職することができています。

福井県の転職就職求人エリア一覧

福井市、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、永平寺町、池田町、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町
















































鹿