転職サイト 【サガシタ】

佐賀転職でもう一度働きたい女性の再就職を目指す人へ

佐賀転職でもう一度働きたい女性の再就職を目指す人へ

どんな働き方?佐賀の女性の転職について知ろう

女性の社会進出が進んでくる中で、一度は家庭に入ったもののお子さんの成長などで再び社会で働く女性なども多くなっています。

しかし、正社員として働くとなるとなかなか負担なども多く、期間限定のフルタイムやアルバイト、パートなどを選ぶ女性たちも増えており、働き方が多様化しています。

そこで、佐賀の女性たちはどのような仕事にどのような働き方で付いているのかなど、佐賀の女性の転職についてこれからご紹介してみたいと思います。

佐賀の女性の転職は?再就職の求人状況などについて知ろう

佐賀の女性の雇用者の割合はだんだんと高くなっており、女性の社会進出が進んでいます。

佐賀ではお子さんの手が離れた女性の方が再び仕事をしたいということから転職を行うことも多くあります。

こうした女性の就業状況については、30歳から34歳でM 字型カーブを描くように就業率が変化していると言われており、出産や育児等の事情で一時的に離職を行い、育児が一段落した後に再び就職する人が多くなっているのです。

佐賀の女性の就業率は15~19 歳を除いて全国平均より高くなっており、多くの女性たちはこうした人生のライフスタイルに柔軟に合わせて、就業を行っていると言えます。

佐賀で女性の求人状況については都市部を中心に様々な仕事があり、その中で新しい仕事に就く人やこれまでの経験を活かして同業種での求人に応募する人などがおり、雇用形態も正社員だけでなく、契約社員やアルバイト、パートなど働き方が柔軟になっています。

佐賀の女性の転職者に人気の働き方について知ろう

佐賀で女性が再就職する上で転職を行う場合、どのような求人などがあるのでしょうか?

佐賀でも転職の際には資格などを活かして転職を行う人も多くいます。

職業に関連する資格には様々なものがあると言えますが、例えば看護師や薬剤師などの国家資格を持っている人が転職する場合には、そうした資格を活かした転職を選択することが多いようです。

こうしたシタクを持っている女性たちは結婚や出産育児などを行う前からそうした仕事に就いていた人なども多くおり、お子さんが手が離れた時に正社員以外の形で無理なく働くといったスタイルを摂る人なども多いです。

そのため、業種などは変えず、働き方を変えて、以前は正社員であった人がパートやアルバイトという雇用形態で仕事をするという形が無理が少なくてオススメです。

このように佐賀の転職として、職種などは同じで、雇用形態を変えた働き方が転職を希望する女性たちに人気があるということです。

30代~40代の女性にオススメの佐賀の転職スタイル

佐賀で30代~40代のオススメの転職方法として挙げられるのが、以前保有していた資格などを活かして転職するということです。

以前フルタイムの看護師として働いていた女性が、妊娠や出産、育児などでしばらく仕事をせずにいた後、お子さんが大きくなって再び仕事をしたいという場合、資格を活かして働き方を変えるという方法があります。

また、これまでに資格が必要な仕事に就いていなかったという方が転職する場合には、これまでの経験を活かして転職するということがオススメです。

例えば、これまで企業の営業を行っていたという方の場合、そうした営業の経験を活かし、今度は医療機器や保健などの営業を行うといった方法です。

これまでに培ってきた経験を活かして転職を行うということなので、再就職後もそうした経験をもとにして働くことができます。

また、新たに新しく仕事のための資格を取るという方法もあります。

どのような仕事をどのような形で行いたいのかということを具体的にすることがオススメです。

佐賀で転職!50代やシニア層にオススメの仕事の探し方

佐賀でも50歳くらいになるとお子さんも社会に出るという人も多いと言えます。

そうした場合、お子さんの手が離れるので時間的な余裕もできます。

50代くらいから仕事をするという時には無理なく続けやすいパートやアルバイトの仕事を選ぶという方法はオススメです。

こうした求人情報は、最寄りのハローワークなどでも紹介されていますし、インターネットなどの求人サイトにも具体的な情報が掲載されていますので探しやすくなっています。

シニアの方の場合、年金受給を起こいながら働きたいという方もいます。

そうすると、あまり働きすぎると年金が減額されるということもありますので、バランスを取りながら働くという方法がオススメです。

朝方のみ、18時ごろまでといったように、自身のライフスタイルに合わせて働くことができる仕事がオススメです。

これまで行ったことがないけれども自宅付近でできるという仕事であればチャレンジしてみるのも社会との接点を持つといった点でもよいと言えます。

佐賀の転職活動では正社員の中途採用という方法もある

佐賀で家庭に入った女性が新しく仕事に就くという場合、中途採用という形で正社員として仕事をするという方法があります。

正社員として仕事をすると、給料面でもメリットが大きく、収入面でのメリットがあります。

再就職する場合は、様々なチャネルを活用して情報を集めるようにしましょう。

そして、佐賀で転職を行うという場合、転職を支援している会社などもありますので、相談を行って良い仕事があれば紹介してもらうのもオススメです。

中途採用を希望する場合には転職サイトなどを活用したり、ハローワークや地域の冊子などから求人情報を得て転職活動を行うという方法あります。

しかし、お子さんがまだ小さいなどの場合にはパートやアルバイトといった働き方もあります。

佐賀の転職について知ろう!契約社員やアルバイトもある

佐賀の女性の就職方法として注目されているのが契約社員やアルバイトなどの働き方です。

お子さんがまだ学生をしているという場合にはまだまだフルタイムで正社員雇用で働くのは難しいという方も多くいます。

姉妹がおり、まだ下のお子さんが小さい場合などは、正社員で働くよりも時間的な都合がつきやすいアルバイトや期間限定で仕事をすることができる契約社員で働くという方法もオススメです。

これらの雇用方法のメリットは、責任の範囲が限定されているという点で、一定の期間を過ぎたり、一定の時間を過ぎれば責任をもたずに職場を離れやすいという点です。

その代り、長く安定して働きたいという場合は他の方法も検討してみましょう。

佐賀で女性が再就職する場合について知ろう

佐賀でも一度家庭に入った女性が再び仕事をしたいという場合には様々な点を考えてから仕事探しをするということがポイントです。
お子さんが小さい場合にはアルバイトやパートなどが働きやすいですし、お子さんの手が離れた場合にはフルタイムで仕事をするという方法もあります。

女性が仕事に就くという場合、自身のライフスタイルやお子さんの成長段階なども考慮して働き方を決めるという人が多いという特徴があります。

佐賀県の男女の特徴や県民性から分かる転職事情

佐賀県は有明海と玄界灘の2つの海があり主に漁業が盛んですが、転職事情はどうなっているのでしょうか?今回は佐賀県の転職事情について紹介していくので、今まさに佐賀県で転職を考えている人はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

まず、佐賀県の男女の特徴や県民性といったものから見ていくと、佐賀県民はどちらかというと「頑固で几帳面」「保守的でやや短気」「大人しくて人見知り」といった人が多く見受けられます。男性よりも女性の方が辛抱強く、ひとつの職場に長く勤めあげる割合は女性の方が多めにいます。

そのため、佐賀県の男性の転職者は全国平均と比べてもやや多く、その辺りは佐賀県の転職事情の特徴と言えます。

佐賀県の平均年収は一体どれくらいあるのか?

佐賀県の県民性からは男性の転職率が全国と比較してもやや多いことが分かりましたが、平均年収はどうなっているのでしょうか?

2018年のデータになりますが佐賀県の平均年収はおよそ「401万円」といった金額です。同年の全国の平均年収はおよそ「440万円」といった金額なので、佐賀県の平均年収は全国平均よりもかなり低いことが分かります。

特に佐賀県では女性の平均年収が低く、佐賀県の女性の平均年収を見てみるとおよそ「315万円」といった金額です。全国の女性の平均年収はおよそ「350万円」なので、佐賀県の女性の平均年収は全国平均と比べても35万円も低いことになります。

また、佐賀県では平均賞与といった金額もやや低く、その金額はおよそ「68.3万円」ほどしかありません。全国の平均賞与の金額を見てみると多くの地域で70万円台は達しているので、佐賀県では女性の平均年収と賞与に関してやや全国平均と比べても劣っていることが分かります。

都市部に就職した佐賀県出身の転職Uターン率は?

続いて、佐賀県の転職Uターン率を紹介していきます。転職Uターン率とは、東京や大阪といった都市部に就職した人が、その後になって地元に転職する割合を言います。

佐賀県の転職Uターン率はおよそ7%~8%といった数字で、これは比較的高い数字と言えます。全国平均の転職Uターン率はおよそ5%なので、それと比較しても佐賀県の転職Uターン率は2ポイント~3ポイントほど高くなっています。

佐賀県では主に農業や窯業(ようぎょう)といった産業が盛んですが、佐賀県で転職Uターンをしてくるケースはそれらの産業を地元で始めたい30代~40代といった世代が多くなっています。

佐賀県の女性における転職状況や転職事情

佐賀県では転職Uターン率がやや高くなっていますが、女性の転職事情も気になるところです。

先ほど紹介した通り佐賀県は女性の平均年収が低く、正社員としての転職することは男性よりも難しくなっています。そのため、佐賀県の女性はそれほど積極的な転職活動を行っていなく、転職したとしてもアルバイトや契約社員といった非正規雇用での転職が目立っています。

女性の転職は結婚などが理由になっている場合がありますが、佐賀県では結婚をした後には専業主婦になる割合が全国と比較しても多くなっています。

ただ、佐賀市や小城市といった人口が多い地域には転職支援サービスがいくつかあり、女性でも転職活動が行いやすくなっています。

スムーズに転職できる佐賀県で人気の転職支援サービス

場所 パソナ佐賀支店
住所 佐賀県佐賀市駅南本町6-4佐賀中央第一生命ビルディング6F
最寄り駅・アクセス 佐賀駅から徒歩5分
地図 Googleマップで確認
詳細 「パソナ佐賀支店」は佐賀駅の南口にあり、歩いて約5分です。駅前の大通りを南に真っ直ぐ歩いていくと「三井住友銀行」があるので、その先に店舗があります。佐賀県のなかでも佐賀市内にはさまざまな転職支援サービスがありますが、再就職や転職に強いのは佐賀駅の近くにある「パソナ佐賀支店」です。「パソナ佐賀支店」はプロのコンサルタントが転職にマッチした求人を紹介してくれるので、在職中でもスムーズな転職活動を行うことができます。

佐賀県でおすすめのハローワークは一体どの地域?

場所 ハローワーク佐賀
住所 佐賀県佐賀市白山2丁目1-15
最寄り駅・アクセス 佐賀駅から徒歩10分
地図 Googleマップで確認
詳細 「ハローワーク 佐賀」は佐賀駅の南にあり、歩いて10分ほどです。大通りを南に歩き、中央橋交差点を超えた所に施設があります。「ハローワーク佐賀」の管轄地域は佐賀市、多久市、小城市、神埼市といった佐賀県でも人口の多い都市部の求人を広くカバーしています。営業時間は火曜日と木曜日だけが17時15分までと通常よりもやや早く閉まってしまうので、事前に確認しておく方がいいでしょう。

佐賀県の転職先の待遇とは?残業手当や休日出勤手当はあるの?

佐賀県には「パソナ佐賀支店」や「ハローワーク佐賀」といった転職支援サービスの他にも、各地にはさまざまな転職希望者のための民間企業や公的機関などがあります。そのため、佐賀県では転職活動が比較的行いやすく、女性の転職も実はスムーズに行うことができます。

ただ、転職活動で重要なことは、転職活動の円滑性よりも実際に転職する企業の質がどうなのかです。具体的には基本給やボーナスといった金額や、残業手当や休日出勤手当とった手当の有無などです。それらが自分の希望通りの企業でなければ、いくらスムーズに転職することができたとしても直ぐに辞めてしまう可能性があります。

佐賀県の転職先のそれらの待遇は先ほど紹介した転職支援サービスを利用すれば、ある程度事前に把握することができます。ただ、企業によっては基本給や手当などが事前の説明とは異なっている場合があるため、しっかりと事前に確認しておくことが重要です。

佐賀県で転職した人の体験談をピックアップ!

最後に、佐賀県で実際に転職した人の体験談を見ていきましょう。実際に佐賀県で転職した人は一体どのような体験をし感想を持っているのでしょうか?

・40代 男性
なかなか転職することは大変でした。働きながら履歴書を書いて求人募集に応募するだけでもかなり時間を取られてしまいます。ただ、運よく2社目で希望の会社に入ることができたので、時間としてはさほど掛かっていませんね。

・30代 女性
以前は営業の仕事でしたが、今は製造の仕事をしています。転職サイトを利用して今の職場は見つけることができましたが、エージェントの方が仕事の内容などを詳しく教えてくれたので、安心して職種のシフトチェンジができました。

・30代 男性
「働きながらの転職ってどうやったらいいんだろう…」と思っていましたが、今は転職エージェントサイトが便利で、実際僕はとても助かりました。希望に合った転職先を見つけてくれたので、円滑な転職活動を行えましたね。

佐賀県の転職就職求人エリア一覧

佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市、神埼郡、吉野ヶ里町、三養基郡、基山町、上峰町、みやき町、東松浦郡、玄海町、西松浦郡、有田町、杵島郡、大町、江北町、白石町、藤津郡、太良町
















































鹿