転職サイト 【サガシタ】

転職の理由でマイナスなイメージを持たれないようにすること

転職理由とはどういったものがよいの

会社を辞めたい理由は人それぞれであり、一つではない場合もあります。

だたし新しい会社に入るにあたって、前向きでまた働きたい気持ちを前面に出した内容でないといけません。

どのような内容になるのでしょうか。

本音を言いすぎないことも大切

会社を辞めた理由が人間関係のトラブルや、自分に原因があったとします。

これらは正直に話し過ぎてしまうと自分へのマイナスなイメージにつながってしまいます。

あえてそこには触れないで転職理由を考えたほうが良いです。

決して前の会社で起きたことを新しい会社で確認するようなことはほとんどありません。

隠したり嘘をつくのは良くないですが、言わなくてよいならあまり本音を言わなくてもよいです。

転職理由の書き方とは

転職理由とはその会社でやりたいことや実現したいことを中心にまとめておくとよいです。

また前職で学んだことを生かせるかどうかなど、即戦力になるかどうかを記入しても転職の理由になります。

新卒入社とは違いますので、自分のスキルをアピールすることもポイントとなります。

同職なら即戦力をアピールしやすい

転職するときに全く違う職種に転職をすることもありますが、やりたいことが変わらない場合同じ職種に転職することがあります。

この場合、今まで得た知識はそのまま生かせることになります。

今までどんなことをしてきて経験を積んできたのか記入することで、より即戦力になることをアピールできます。

転職理由を将来性にする場合

転職理由を将来性にする場合、まずは前の会社の将来性をあげてもよいです。

売上が落ちていることや、実際の数字などを言うと具体的に伝わりやすくなります。

そのうえで新しい会社は将来性があり、業績がアップしている面を理解していることを言うと、自分が理解していることわかりやすくなります。

将来性が安定している新しい会社でずっと働いていきたいことを伝える

将来性がある会社は業績が安定していて、見通しが良く、これからもずっと働いていける可能性が高くなります。

前の会社は業績が不安定で不安に思っていたけれど、新しい会社で身を落ち着かせて働きたいなど、長く働いていきたいことを伝えるきっかけともなります。

転職理由は本音をいう必要があるのか

転職理由は必ずしも本音を言う必要がありません。

事実と違うことを言うのは良くありませんが、自分にとって不都合なことばかり並べてしまうと、新しい会社の人に不審に思われてしまいます。

前の会社を辞めた理由も聞かれない以外は言う必要がなく、とにかく自分にとってのマイナスポイントを避けなければなりません。

やめた理由は繰り返さない理由なこと

辞めた理由を聞きたいとき、それがどのような理由かによってイメージが変わります。

自分に明らかに理由がある様な繰り返して起きてしまうような理由ですと、新しい会社の人は敬遠してしまいます。

言わなくても良ければ、わざわざ本当のことを言わなくてもよいです。

転職理由はスキルアップなどの前向きな理由が良い

転職理由はネガティブな理由ではなく、新しい会社で新しいことを学びたい、自分を伸ばしてみたいなどの前向きな理由が良いです。

ネガティブな理由ばかり並べているとそれだけで暗い雰囲気になってしまったり、マイナス思考な印象を持たれてしまいます。

自分のどういうところを伸ばしてみたいか、会社と一緒に成長していきたいでもよいです。

どうしても見つからない場合プライベートの時間を有効にして仕事に関した資格の勉強をしたいなどでも、前向きな雰囲気は伝わります。

転職ならもともと持っている知識を伸ばしたいでもよい

同職に転職するのなら前職で学んだものをそのまままた伸ばしてみたい、ということでもよいです。

そのときは学んだことをどうやって生かすことができるか述べても良くなります。

自分の持っている知識をアピールすることもできます。

転職は今の自分の持っている知識が多いこともポイントの一つです。

転職理由が人間関係の悪化の時は

前の会社を辞めた理由が人間関係の悪化の時、聞かれたら正直に答えることも必要です。

この時に、縦社会の会社で自分ではどうしようもなかったことや、不可抗力だったこと、上司同士のもつれなどでしたら自分にとって不利にはなりません。

人間関係はどの会社にいってもある程度作っていかないといけません。

自分がトラブルメーカーになっていることは避けたいですので、そうではないこと、繰り返さないことを念頭に自分でできることをアピールしていけるとよいです。

転職理由が給与など手当の状況の時

会社は一度入社してしまうと給料が突然増えるようなこともありません。

昇給は行われますが、年単位で若干増えることも多く、思ったような昇給が望めないこともあります。

ボーナスは会社の業績に直結していますし、業績が落ちたり悪ければボーナスが減ったりもらえないこともあります。

また手当に厚い会社もあればそうでない会社もあります。

給料の面では一社員では変えられないことがほとんどですので、新しい会社の給料や手当がよければ正直に転職理由として伝えてもよくなります。

状況が変わったことを伝えると言葉に説得力がある

前職に就いたときは未婚で子供もいない状態だったのが、年齢を重ねて結婚もして子供もいる状態だったとします。

家族の分を養う必要がありますので、明確にお金が欲しくなったという理由になります。

単純に給料を増やしたいより、何か理由があってお金が欲しくなったというと、その理由として信憑性が増します。

子供手当や家賃手当など家族で暮らしているとありがたい手当もあります。

それが新しい会社だと最初からついていると、給料の面で助かることになりますのでまっとうな転職理由になります。

転職理由はどういったものがよいのか

転職理由はすべて本当のことを書く必要がなく、わざわざマイナスなイメージなる様な会社を辞めた理由などは聞かれなければ言わなくてもよいです。

繰り返し起きてしまうようなトラブルの原因ですと新しい会社の人の敬遠されてしまうことにつながります。

新しい会社でのやりたいことなどの前向きな姿勢をしめして、新しい会社で給料や手当がよいのならその部分は正直に伝えて、将来性などを踏まえながらずっと働いていきたい意志を伝えられるとよくなります。

転職理由もあくまで自分をアピールする場所と考えて、読む人がマイナスに思うような内容は避けるようなことをしておくと、やる気も伝わりやすくなります。