転職サイト 【サガシタ】

転職する年齢に応じた戦略を考えるために年代別の傾向を確認しておこう

転職における年齢の意味と年代による転職の考え方とは

転職をするときには年齢が気になってしまう人が多いでしょう。

実は転職活動を進める上では年齢に応じた戦略を考えて取り組んでいくのが成功率を高めるための基本として知られています。

この記事では年代ごとにどのような戦略を考えていくと良いかを端的に紹介します。

採用企業の立場から考えて、その年齢層の人たちにどのようなことを要求しているのかという観点で見ていくとわかりやすいので念頭に置いて確認していきましょう。

20代の人が転職活動をするときの戦略の考え方

20代の人が転職活動をするときに押さえておきたいポイントは、20代では企業としては若くてスキルや経験はあまり期待できないと考えているのが一般的だということです。

20代の前半か後半かでも考え方がかなり違いがあり、前半の場合には第二新卒として扱われる場合がほとんどです。

後半になると少し経験を積んでいて、同じ職種で働き続けていたなら基本的な業務は一通りこなせるだろうと捉えられるのが通例です。

採用したらきっと大きな活躍をしてくれるだろうとすぐには思ってもらえないので注意しましょう。

ただ、戦力としては不十分でも若いというのはメリットです。

採用して定年退職まで働いてくれればかなりの勤続年数になります。

その影響で他の世代の人たちに比べてポテンシャル採用をしてもらいやすいのはメリットになるので、未経験の職種や業種にも転職しやすくなっています。

このような状況を考慮すると、基本的にはアピールできるスキルがなくても転職可能と考え、社会人として最低限のマナーや経験を積んでいて基盤ができている人材だということを伝えるのが無難です。

そして、若くて意欲があり、志望先の企業に興味を持っていることを積極的にアピールすると経験の有無にかかわらず採用してもらえる可能性が高くなります。

30代の人が転職活動をするときの戦略の考え方

30代の人が転職活動をする際には企業からは専門的な立場で戦力として機能できるような基盤ができていると考えておくのが大切です。

30代であれば同じ仕事を5年から10年くらいはやってきたと考えられるため、その職種であれば即戦力と捉えられるのが一般的です。

そのため、合理的な戦略としては今までと同じ職種で転職先を探すことが挙げられます。

同じ職種で、さらに同じ業種なら即戦力として期待されて高い待遇を得られるでしょう。

異業種の場合にも大抵の職種では短期間で慣れて戦力になると捉えてもらうことができるので前職よりも良い待遇を得られるのが通例です。

未経験の仕事を選びたい場合にも30代ならまだ可能性が十分にあります。

特に30代前半なら採用してから30年くらいは働いてもらえるので、教育コストを考慮しても採用したいと考えてくれる企業は多いのです。

人材不足の業界では転職成功の可能性が高いですが、人材が豊富な買い手市場の業界では難しい状況があり、人材不足がよく嘆かれている営業職程度が候補でしょう。

ただ、営業職を経て社内で別の部署へ異動するというキャリアパスもあるので、営業職から業界入りするという考え方で転職をするのも30代には合理的な考え方です。

40代の人が転職活動をするときの戦略の考え方

40代で転職をしようと思い立ったときには基本的には今まで培ってきたキャリアを生かして転職するという戦略が基本と考えるのが無難です。

企業としては40代になると管理職候補あるいは即管理職という考え方で採用することになります。

少なくとも現場経験が十分にあって専門の職種に関する知識あるいは技術を持っていることが求められます。

管理職経験がなくても候補として採用してもらえることがありますが、2年や3年でも管理職に携わったことがあると有利です。

管理職経験がない場合にも、これまでに上げてきた実績を職務経歴書を通して端的に説明できるようにしておきましょう。

40代になると未経験の分野に挑戦するのはかなり難しくなります。

極めて人材不足が問題になっている業界では完全に未経験であっても採用してもらえることはありますが、そのために資格を取得するなどの工夫をすることが必要な場合がほとんどです。

介護業界や医療業界、運送業界などであれば人手が不足している現場が多いので転職できる可能性があるでしょう。

何をやりたいかをよく考えて関連する資格を取り、少し教育を受ければ速やかに戦力になれることをアピールするのが大切です。

50代の人が転職活動をするときの戦略の考え方

50代での転職は難関になるという覚悟を持つ必要があります。

企業としては50代で採用しても10年ほどしか企業に貢献してもらえないため、教育コストはかけられないという判断になるのが一般的です。

また、年齢的に考えて年収を高めにしなければならないため、ニーズに合っている即戦力の能力があるか、社内で欠けている管理職の適格者かというのが採用の可否を分ける重要なポイントです。

ポジションを探すのがかなり難しくなるため、管理職専門の転職エージェントを使うか、人脈を使ってリファラル採用を目指すのが賢明な戦略でしょう。

これまでに華々しい実績を持っている人の場合にはヘッドハンティングを受けるくらいに歓迎されることもあります。

何が世の中にとってアピールポイントになるのかをよく考え、数ある実績の中でも企業がこの人材こそ欲しいと思ってくれるものを厳選して伝えるのが大切です。

50代になると未経験の分野への転職は困難です。

ただ、他の世代と同様に極めて人材不足の業界であれば意欲と適性さえあれば採用してもらえる可能性があります。

介護職やタクシードライバーなどのように50代の人が活躍している職種もあるので、幅広く探してみて興味のあるものがあるか検討してみましょう。

60代の人が転職活動をするときの戦略の考え方

60代になると採用しても定年退職が間近になってしまうので企業はかなり採用をためらいます。

体力などを考慮しても無理な業務を任せられないという面もあり、ニーズはかなり偏っているということを念頭に置いた転職戦略を立てることが大切です。

60代となると経験を生かして働くのは難しいのが一般的です。

管理職として採用したとしてもすぐに定年退職になってしまうので、定着して何かプロジェクトがうまくいくという段階にまで漕ぎつけるのが難しいと企業は判断するのです。

雇用してもらうのではなく個人事業主になるという考え方ではアドバイザリー契約ができる可能性はあります。

大きな成果を上げてきていて、特定の専門分野に関するノウハウを持っているなら魅力的な働き方の一つでしょう。

このような例外的な働き方を除くと、60代は定年退職後も働いてくれる可能性があることを期待して採用されるのが通例です。

職種としては介護職やドライバー、清掃業や倉庫管理業、警備員などがあります。

カウンセラーや相談員、医師や看護師なども60代の人が活躍しているので候補になりますが、資格と経験の両方が求められるので注意しましょう。

定年退職したシルバー人材でも転職できるのか

定年退職したシルバー人材の転職あるいは退職後の就職というのは可能なのでしょうか。

実はシルバー世代が元気に活動しているケースが多い時代になったため、シルバー人材を採用して働いてもらうという方針を立てている企業が増えてきています。

ただ、どんな仕事でもできるというわけではありません。

基本的にはアルバイトとしての採用になってしまうことは念頭に置いて求人を探すのが重要です。

60代のところで挙げたような介護職やドライバーなどの職種が一般的で、補助的な業務を担当するケースが多くなっています。

シニア向けの求人サイトを利用するとシルバー人材の採用を前向きに検討している企業からの求人が見つかりやすいでしょう。

定年退職後にも仕事を探して働きたいときには、まずはシニア向けの求人サイトでやりたい仕事があるかどうかを見てみるのが合理的な考え方です。

転職における年齢に応じた戦略の立て方のまとめ

転職をするときには年齢によって企業がどのような人材を求めているかが違うことを念頭に置いて、合理的な戦略を考えて転職活動の方針を定めるのが大切です。

一般的な傾向としては若いほど採用後の勤続年数が長いため、スキルや経験よりもポテンシャルの高さを重視した採用が行われます。
年齢を重ねるほど経験を重視するようになり、特に管理職の経験があるかどうかを採用の基準として設けていることが多くなっています。

ただ、50代以降になると採用してもらうのが難しくなり、60代以降は経験を生かすことすら困難なのが一般的な事情です。

シルバー人材も転職や就職が可能ですが、アルバイトになることや職種が限られることは念頭に置いておきましょう。